2412 ベネフィット・ワン 東証2 15:00
2,611円
前日比
-10 (-0.38%)
比較される銘柄: みんなのWリンクバルヤフー
業績: 今期予想
サービス業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
30.1 8.61 1.65 14.54

銘柄ニュース

戻る
2016年01月20日12時56分

パソナ、国内大手証券は来期もベネフィット・ワンとCS事業の牽引で高い増益率を見込む

 パソナグループ<2168>が大幅反落、東証1部の値下がり率ランキングの上位に顔を出している。

 三菱UFJモルガン・スタンレー証券が同社についてリポートをリリース。同社を評価するポイントとして、連結子会社のベネフィット・ワン<2412>の高成長に対しての期待に加え、人材紹介を中心とするキャリアソリューション(CS)事業の成長を挙げている。今期の会社計画上振れを予想するほか、来期もベネフィット・ワンとCS事業の牽引により高い増益率を見込む見方に変更はないとして、目標株価は1300円から1200円へ引き下げているものの、レーティングは「オーバーウエイト」を継続している。
《MK》

株探ニュース



【関連記事・情報】

日経平均