1950 日本電設工業 東証1 15:00
1,844円
前日比
-13 (-0.70%)
比較される銘柄: JR東日本日リーテック東鉄工
業績: 今期予想
建設業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
12.2 0.91 1.41 5.50

銘柄ニュース

戻る
2016年07月21日14時50分

日本電設が8連騰、品川駅整備で受注確保し今期業績増額含み

 日本電設工業<1950>が8連騰と気を吐いている。5月11日以来の2000円大台回復となった。JR系の電気工事会社で鉄道電気工事会社としては国内トップクラス。17年3月期の営業利益は前期比2%減の140億6000万円を見込んでいるが、保守的とみられ、市場関係者の間では増益を確保して5期連続のピーク利益更新を予想する声も強い。「品川駅周辺の再開発・整備事業に絡み、線路切換関連の電気工事案件を獲得したことや、中央快速線12両化に伴う電設改良工事も受注する見通し」(中堅証券情報部)にあり再評価余地が指摘されている。 

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

日経平均