1811 錢高組 東証1 15:00
518円
前日比
-19 (-3.54%)
比較される銘柄: 鹿島西松建大林組
業績: 今期予想
建設業
単位 1,000株
PER PBR 利回り 信用倍率
16.5 0.71 1.34

銘柄ニュース

戻る
2015年12月18日10時45分

大日本塗料は再動意、リニアトンネル工事着工で商機思惑

 大日本塗料<4611>は再動意、12月に入り全体相場に引きずられて調整局面にあったが、14日に下ヒゲで200円トビ台をつけて底値確認、徐々に上値指向に変わってきた。山岳トンネルとして日本最長の「南アルプストンネル」を皮切りにトンネル掘削工事がスタートするが、有力関連銘柄として銭高組<1811>などが買いを集める一方、同社も関連穴株としてマークする動きが出ているようだ。同社が手掛ける完全水系はく落防止工法「VFRM‐トンネル内装システム」が商機につながるとの見方が浮上している。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均