1605 国際石油開発帝石 東証1 15:00
1,193.5円
前日比
+0.5 (+0.04%)
比較される銘柄: 石油資源JX海洋掘削
業績: 今期予想
鉱業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
67.1 0.63 1.51 0.68

銘柄ニュース

戻る
2016年02月12日11時00分

国際帝石など石油関連株が大幅続落、WTI価格は一時12年9カ月ぶり安値水準

石油関連株は大幅続落。国際石油開発帝石<1605>が3日続落し一時、10日終値に比べ48.4円(5.2%)安の890円まで下落し、昨年来高値を更新した。また、JXホールディングス<5020>は4日続落、コスモエネルギーホールディングス<5021>も4日続落で同5%安となっている。

 11日のWTI原油先物価格は6日続落し、終値ベースで前日比1ドル24セント安の26ド21セントまで売られた。一時、26ドル05セントまで売られ、2003年5月以来、12年9カ月ぶりの安値水準に下落した。世界景気の先行き不安に加え、原油需給の緩みが懸念視されている。1月20日につけた26ドル19セントの安値を下回ったことも嫌気された。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均