市場ニュース

戻る

【注目】話題株ピックアップ【昼刊】:HIOKI、伊藤園、アイドマHD

HIOKI <日足> 「株探」多機能チャートより
■HIOKI <6866>  7,080円  +490 円 (+7.4%)  11:30現在  東証プライム 上昇率5位
 HIOKI<6866>が急伸。25日の取引時間終了後、22年12月期の連結決算発表にあわせ、23年12月期の業績予想を開示した。売上高は前期比13.2%増の389億円、最終利益は同14.1%増の60億8000万円を見込む。年間配当は同20円増配の180円を計画しており、増益と増配の計画を好感した買いが入ったようだ。自動車やバッテリー市場での設備投資環境が引き続き堅調に推移すると見込み、海外における同社ブランドの浸透と、グローバルアフターサービス体制の構築を引き続き進める。22年12月期の決算は、売上高が前の期比17.2%増の343億7100万円、最終利益が同17.9%増の53億3000万円だった。海外では幅広い地域で計測器需要が好調に推移し、受注高が大きく伸長した。一部製品で部品不足による出荷停止の影響があったものの、受注残高は引き続き高い水準で推移しているとしている。

■伊藤園 <2593>  4,420円  +265 円 (+6.4%)  11:30現在  東証プライム 上昇率7位
 伊藤園<2593>は反発。緑茶など無糖飲料の伸びを背景に、同社業績は足もと堅調に推移している。5~10月期決算は営業利益が前年同期比4.4%増の113億3500万円で着地し、通期計画(200億円)に対する進捗率は57%と良好。通期では前期に続き営業増益となる見通しを示している。きょうは外資系証券会社のレーティング引き上げを好感した買いが入り、同社株は大きく切り返している。

■アイドマHD <7373>  4,860円  +245 円 (+5.3%)  11:30現在
 アイドマ・ホールディングス<7373>は大幅続伸している。25日の取引終了後、インバウンドでのネットワーキング領域の事業拡大を目指し、100%子会社キーパーソンマーケティングを設立したと発表しており、好材料視されている。アイドマHDは18日、アクセラレータ(東京都荒川区)から経営者同士のビジネスマッチングサービス「COLABO」事業を2月1日付で譲り受けると発表していたが、同事業とアイドマHDが運営しているキーパーソンとのWebマッチングサービス「keypersons」とを連携させることで、経営者同士をマッチングする場の提供だけでなく、経営者を紹介し合うサービスへの発展を計画しているという。これによりアウトバウンドはもちろん、インバウンドでのネットワーキング領域の拡大が見込まれ、より効果的な商談機会の創出が可能になるとしている。

■信越ポリマー <7970>  1,270円  +35 円 (+2.8%)  11:30現在
 信越ポリマー<7970>がマドを開けて買われ5連騰、ここ上昇基調にあったが目先上値追い加速となっている。同社が25日取引終了後に発表した22年4~12月期決算は売上高、利益ともに高水準の伸びを確保、売上高は前年同期比19%増の821億7500万円、営業利益は同44%増の107億5000万円と好調だった。半導体ウエハー容器の需要が旺盛で収益に寄与している。23年3月期通期営業利益は120億円を予想しているが、上振れる可能性が意識されるなか物色人気が増幅されている。

■MDV <3902>  976円  +22 円 (+2.3%)  11:30現在
 メディカル・データ・ビジョン<3902>が4連騰で前日比26円高の980円まで上昇、昨年12月16日以来となる4ケタ大台を目前に捉えている。同社は医療機関向けなどに医薬品のデータネットワークサービスやデータ利活用サービスを展開している。従来は紙が使われていた処方箋をデジタル化する「電子処方箋」の全国運用がきょう26日からスタートした。待ち時間の短縮に加えコロナ禍での非接触ニーズにも合致することで、今後の普及が期待される状況にある。MDVはこの電子処方箋で商機を捉えるとの見方があり、上値を見込んだ投資マネーが継続的に流入している。

■石油資源開発 <1662>  4,345円  +70 円 (+1.6%)  11:30現在
 石油資源開発<1662>が反発し、昨年来高値に接近した。26日付の日本経済新聞朝刊が「ブルネイは4月から、日本の石油資源開発に液化天然ガス(LNG)を供給する」と報じた。これを手掛かり視した買いが集まったようだ。ブルネイLNG社のファリダ社長兼最高経営責任者(CEO)が日本経済新聞の取材に明らかにしたという。これまで東京ガス<9531>や大阪ガス<9532>、東京電力ホールディングス<9501>と中部電力<9502>が折半出資するJERAにブルネイはLNGを輸出してきたが、同CEOは新たな調達先を確保したいと述べ、石油資源以外の日本企業との契約締結にも意欲を示したとしている。

■ほくほくFG <8377>  1,015円  +14 円 (+1.4%)  11:30現在
 ほくほくフィナンシャルグループ<8377>は反発した。25日の取引時間終了後、第1回第5種優先株式の消却を発表した。財務体質が改善に向かっていると前向きに評価した買いが株価の支えとなったようだ。消却前となる同優先株式の発行済み総数の14.28%に相当する1074万3000株を3月31日に消却する。なお、商工中金は25日、ほくほくFGと北洋銀行<8524>との間で「事業再生・経営改善支援に関する業務協力契約」を締結したと発表している。

■オリエンタルランド <4661>  21,365円  +250 円 (+1.2%)  11:30現在
 オリエンタルランド<4661>が10日続伸している。25日の取引終了後、東京ディズニーリゾートが4月15日に開園40周年を迎えることを記念して、アニバーサリーイベント「東京ディズニーリゾート40周年“ドリームゴーラウンド”」を開催すると発表しており、業績への貢献を期待した買いが入っているようだ。アニバーサリーイベントでは、東京ディズニーランドで5年ぶりに新しく生まれ変わる昼のパレード「ディズニー・ハーモニー・イン・カラー」のほか、東京ディズニーシーでも水上グリーティング「レッツ・セレブレイト・ウィズ・カラー」を実施する。期間は4月15日から24年3月31日までの352日間で、ディズニーホテルなどでも特別プログラムや限定アイテムを提供するという。OLCは同時に、千葉県と包括連携協定を締結したと発表した。東京ディズニーリゾートが立地する千葉県とよりつながりを持ち、子どもたちの夢と未来を育むとともに、千葉県の地域活性化に一層貢献することが目的で、開業40周年を祝うスペシャルパレードを浦安市のほか、千葉県内数カ所で実施するとしている。

■デジタルガレージ <4819>  4,625円  +45 円 (+1.0%)  11:30現在
 デジタルガレージ<4819>は4日続伸している。25日の取引終了後、Cookieに依存しないIDソリューション「ID-HUG(アイディーハグ)」の提供を開始したと発表しており、好材料視されている。IDソリューションは、サイト運営者や広告主が発行・管理するCookieデータ(ファーストパーティーCookie)などの閲覧履歴やユーザーが入力した個人情報をもとに、サードパーティーCookie同様に配信広告の効果測定を行う技術。「ID-HUG」は広告主が保有するファーストパーティーデータと広告配信プラットフォームが保有するユーザーデータを紐づけ、コンバージョンの計測や最適化の精度向上を実現したのが特徴で、フェイスブックやインスタグラム、LINE、グーグルなどに対応しており、他の広告配信プラットフォームにも順次対応する予定としている。

■芙蓉総合リース <8424>  8,830円  +60 円 (+0.7%)  11:30現在
 芙蓉総合リース<8424>が5日続伸している。25日の取引終了後、東日本電信電話(NTT東日本、東京都新宿区)子会社で、超小型バイオガス発電を提供するビオストック(北海道帯広市)と食品リサイクル分野で業務協定を締結したと発表しており、好材料視されている。今回の業務提携は、食品残渣の有効活用に向けた各種ソリューションを共同で提供するのが狙い。芙蓉リースは顧客に対して、ビオストックが提供する「超小型バイオガスプラント」をはじめとする食品リサイクルに関する各種ソリューションの紹介を行う一方、ビオストックは芙蓉リースから紹介を受けた顧客に対して、食品残渣の量や種類に応じた最適なソリューションの選定及びコスト削減効果を含めた試算などを行い、芙蓉リースの金融サービスを付加したソリューション提案を共同で行うとしている。

■弁護士ドットコム <6027>  2,691円  -175 円 (-6.1%)  11:30現在
 弁護士ドットコム<6027>が続急落した。25日の取引時間終了後に23年3月期第3四半期の単独決算を発表。22年10~12月期の最終利益は前年同期比で16%減の1億9700万円だった。7~9月期よりも前年同期比の減益率が大きくなったことを嫌気した売りが膨らんだようだ。売上高は22%増の22億1800万円だった。弁護士支援サービスが堅調だったほか、クラウドサイン事業も好調だった。半面、社員の増員で人件費が増加したほか、弁護士ドットコムの個人有料会員数は7~9月期との比較で微減となった。

■富士通ゼネラル <6755>  3,605円  -100 円 (-2.7%)  11:30現在
 富士通ゼネラル<6755>が反落している。25日の取引終了後、23年3月期の連結業績予想について、経常利益を220億円から200億円(前期比75.4%増)へ下方修正したことが嫌気されている。急激な為替相場の変動に伴い、第3四半期までに為替差損を計上したことが要因。ただ、空調機の調達・生産・出荷オペレーションの正常化や売価改善が着実に進展しているとともに、素材・部品価格や海上運賃の高騰が落ち着くなどコスト環境も改善していることから、売上高3900億円(前期比37.3%増)、純利益130億円(同3.5倍)は従来見通しを据え置いている。同時に発表した第3四半期累計(22年4~12月)決算は、売上高2567億6500万円(前年同期比29.6%増)、経常利益45億4400万円(同20.4%減)、純利益22億1400万円(同27.2%減)だった。海外向け空調機及び電子デバイスの売り上げが増加した一方、素材・部品価格や海上運賃の高騰に加え、事業強化に向けた先行投資費用の増加、円安によるコスト増などの影響が大きかった。

■レーザーテック <6920>  26,030円  -350 円 (-1.3%)  11:30現在
 レーザーテック<6920>、東京エレクトロン<8035>など半導体製造装置関連は売り優勢の展開となり弱含みで推移している。前日の米国株市場ではNYダウが後半切り返しわずかながらプラス圏で引けたものの、ハイテク株比率の高いナスダック総合株価指数は小幅安で着地した。ただ、半導体関連は底堅い動きでフィラデルフィア半導体株指数(SOX指数)は前日終値を若干上回った。東京市場では半導体関連企業の収益先行きに強弱観が対立するなか株価も不安定な動きが続くが、株式需給面ではひと頃と比べ信用買い残の整理が進んでいることから上値は軽くなっている。

■DyDo <2590>  4,705円  -55 円 (-1.2%)  11:30現在
 ダイドーグループホールディングス<2590>は冴えない動きとなっている。25日の取引終了後に発表した1月度(22年12月21日~23年1月20日)の国内飲料事業の販売状況で、販売本数が前年同月比11.1%減となったことが嫌気されている。稼働日が1日少なく、チャネル別では流通が同25.9%減と落ち込んだほか、自販機も同7.0%減だった。

■エコモット <3987>  486円  +80 円 (+19.7%) ストップ高買い気配   11:30現在
 エコモット<3987>がストップ高の486円水準でカイ気配となっている。25日の取引終了後、遠隔臨場システム「Gリポート」が、国土交通省新技術情報提供システム「NETIS」に登録されたと発表したことが好感されている。NETISは国交省が運営する、民間企業などにより開発された新技術に係る情報を共有及び提供するためのデータベース。今回登録された同社の「Gリポート」は、高画質映像のリアルタイム共有と録画を可能とする遠隔臨場システムで、従来技術との比較において「経済性」「工程」「品質」「安全性」「施工性」「周辺環境への影響」の6項目全てで活用効果(向上)が認められた、現時点で唯一の「遠隔臨場ツール」としている。

●ストップ高銘柄
 AIAIグループ <6557>  894円  +150 円 (+20.2%) ストップ高   11:30現在
 ベースフード <2936>  492円  +80 円 (+19.4%) ストップ高   11:30現在
 pluszero <5132>  6,350円  +1,000 円 (+18.7%) ストップ高   11:30現在
 など、4銘柄

●ストップ安銘柄
 なし

株探ニュース


日経平均




 

■関連サイト ※外部リンク