市場ニュース

戻る

【材料】富士通ゼ---大幅反落、第3四半期想定比下振れで手仕舞い売り優勢

富士通ゼ <日足> 「株探」多機能チャートより

富士通ゼ<6755>は大幅反落。前日に第3四半期決算を発表、10-12月期営業利益は12億円で前年同期比33倍の水準となったが、市場予想は30億円程度下振れているもよう。業績は第4四半期に偏重の傾向が強く、インパクトは大きくないものの、株価が高値圏にある中、手仕舞い売りのきっかけにはつながっているようだ。ただ、いずれにせよ目先の関心は、20日に一次入札が行われたと伝わっているように、再編の行方であるとみられている。
《ST》

 提供:フィスコ


日経平均




 

■関連サイト ※外部リンク