市場ニュース

戻る

【市況】東証グロース(大引け)=値上がり優勢、シャノン、プラスゼロがS高

シャノン <日足> 「株探」多機能チャートより
 25日大引けの東証グロース市場は値上がり銘柄数340、値下がり銘柄数147と、値上がりが優勢だった。

 個別ではシャノン<3976>、pluszero<5132>、ELEMENTS<5246>、AIAIグループ<6557>、プログリット<9560>がストップ高。ブライトパス・バイオ<4594>、バーチャレクス・ホールディングス<6193>、セルシード<7776>は一時ストップ高と値を飛ばした。ティーケーピー<3479>、アドバンスト・メディア<3773>、エディア<3935>、オキサイド<6521>、ライフネット生命保険<7157>など10銘柄は昨年来高値を更新。メドレックス<4586>、トラース・オン・プロダクト<6696>、アイドマ・ホールディングス<7373>、イメージ・マジック<7793>、Kids Smile Holdings<7084>は値上がり率上位に買われた。

 一方、海帆<3133>、Waqoo<4937>、FIXER<5129>、GENOVA<9341>、スタメン<4019>は値下がり率上位に売られた。

株探ニュース


日経平均




 

■関連サイト ※外部リンク