市場ニュース

戻る

【市況】東証スタンダード(前引け)=値上がり優勢、阿波製紙、サンオータスがS高

阿波製紙 <日足> 「株探」多機能チャートより
 25日前引けの東証スタンダード市場は値上がり銘柄数701、値下がり銘柄数477と、値上がりが優勢だった。

 個別では阿波製紙<3896>、サンオータス<7623>がストップ高。ホクリヨウ<1384>、安江工務店<1439>、大戸屋ホールディングス<2705>、香陵住販<3495>、片倉コープアグリ<4031>など17銘柄は昨年来高値を更新。ポエック<9264>、ナカボーテック<1787>、マツモト<7901>、ユーピーアール<7065>、フジタコーポレーション<3370>は値上がり率上位に買われた。

 一方、大同信号<6743>、中央経済社ホールディングス<9476>が昨年来安値を更新。ニデックオーケーケー<6205>、カイノス<4556>、テラプローブ<6627>、両毛システムズ<9691>、フルハシEPO<9221>は値下がり率上位に売られた。

株探ニュース


日経平均




 

■関連サイト ※外部リンク