市場ニュース

戻る

【材料】GEが決算発表 再生可能エネルギーは依然低迷も航空部門に力強さ=米国株個別

 GE<GE>が取引開始前に10-12月期決算(第4四半期)を発表し、売上高は予想を下回ったものの、1株利益は予想を上回った。フリーキャッシュフロー(FCF)も予想を上回っている。23年度の通期ガイダンスも公表し、1株利益、FCFとも予想を下回る見通しを示した。なお通期見通しには事業分割したGEヘルスケアは除いている。

 再生可能エネルギー事業における長引く問題が全体を圧迫しているものの、旺盛な航空需要がそれを補うと見ている。カルプCEOは声明で「再生可能エネルギー部門は改善を続けているものの、今年も赤字が続く。航空部門は不況からの回復を続ける中、力強さには自信を持っている」と述べた。また、「軍事関連の売上増により、今年は大幅な利益増が期待できる」とも語った。

 同社の事業分割計画の第1段階として今月分離されたヘルスケア部門がない最初の年である同社の事業を垣間見せる。同社はジェットエンジン、風力タービン、電力機器などの製品を中心に事業を展開し、来年にはエネルギー部門を分離する予定。

 なお、株価は軟調に推移している。

(10-12月・第4四半期)
・1株利益(調整後):1.24ドル(予想:1.16ドル)
・売上高:210.1億ドル(予想:211.9億ドル)
  航空:76.2億ドル(予想:75.5億ドル)
  電力:50.3億ドル(予想:51.3億ドル)
  ヘルスケア:49.7億ドル(予想:49億ドル)
  再生可能エネルギー:34.1億ドル(予想:37.5億ドル)
・FCF(調整後):42.9億ドル(予想:40億ドル)

(23年度通期見通し)
・1株利益(調整後):1.60~2.00ドル(予想:2.37ドル)
・FCF(調整後):約34~42億ドル(予想:40億ドル)
・航空宇宙:10%台半ば~後半
・再生可能エネルギー:最上位
・電力:1桁台前半

(NY時間10:09)
GE<GE> 79.22(-0.55 -0.69%)

MINKABU PRESS編集部 野沢卓美


日経平均




 

■関連サイト ※外部リンク