市場ニュース

戻る

【特集】10万円以下で買える、今期最高益&低PBR 20社【スタンダード】編 <割安株特集>

東日システム <日足> 「株探」多機能チャートより

 少額資金で投資できる銘柄に対する個人投資家の関心は高い。ネット証券では顧客開拓のため、約定金額が低い取引の手数料を重点的に引き下げる傾向にあり、投資家は手数料を気にせずに売買が可能となっている。最低投資金額(株価×売買単位)が低位の銘柄は、同じ予算でも高株価の銘柄に比べ株数を多く購入できるほか、買い付けや売却の時期を分散できるなどのメリットがある。ただ、業績低迷が続いている企業も数多くあることには留意したい。

 東証スタンダード上場企業では809銘柄が最低投資金額10万円以下で購入できる。今回は、今期経常最高益を見込み、割安を見分ける基準となるPBR(株価純資産倍率)が理論上の解散価値とされる1倍を下回る銘柄に注目した。

 下表は東証スタンダード上場銘柄を対象に、(1)最低投資金額が10万円以下、(2)今期の経常利益が過去最高を見込む、(3)PBRが1倍未満――を条件に投資妙味が高まる20社を選び出し、最低投資金額の低い順に記した。(※最低投資金額、PBRは9月30日現在)

 9月30日(金)に配信した「10万円以下で買える、今期最高益&低PBR【プライム】編」も併せてご覧ください。

           最低投資  ┌ 経常利益 ┐    
コード 銘柄名      金額  増益率   今期   PBR
<5955> ヤマシナ     6700   0.6   790  0.82
<3316> 東日システム   51700   31.4   603  0.90
<8508> Jトラスト    57800   171  16000  0.57
<7461> キムラ      59500   3.9   2330  0.66
<2903> シノブフズ    61000   0.6   1550  0.53

<6488> ヨシタケ     63400   5.8   1430  0.61
<3768> リスモン     66200   1.0   700  0.90
<9029> ヒガシ21    66200   4.8   1750  0.88
<6239> ナガオカ     69800   17.1   1160  0.99
<3361> トーエル     74400   0.2   2180  0.84

<9078> エスライン    75800   23.7   1770  0.32
<9368> キムラユニテ   76000   3.5   3800  0.52
<6542> FCHD     79100   3.4   1200  0.75
<4752> 昭和システム   79600   4.5   650  0.88
<7087> ウイルテック   82600   107   1340  0.77

<3948> 光ビジネス    86700   22.1   1500  0.59
<9428> クロップス    88600   6.8   2854  0.83
<2924> イフジ産業    89300   0.1   1358  0.96
<9268> オプティマス   90600   13.0   3470  0.85
<3297> 東武住販     97300   12.9   640  0.70

※単位は最低投資金額が円、経常利益が百万円、増益率が%、PBRが倍。
※今期最終赤字、無配の企業は除いた。
※過去最高益は同一会計基準内が対象。

株探ニュース


日経平均




 

■関連サイト ※外部リンク