市場ニュース

戻る

【注目】話題株ピックアップ【夕刊】(2):日経レバ、アイビーシー、クルーズ

日経レバ <日足> 「株探」多機能チャートより
■日経レバ <1570>  13,730円  -155 円 (-1.1%)  本日終値
 NEXT FUNDS 日経平均レバレッジ・インデックス連動型上場投信<1570>が続落。前日に75日移動平均線を下抜けるとともにフシ目の1万4000円台を割り込んだが、きょうは一段と下値模索の動きを強めている。注目されたFOMCではFRBが政策金利の0.75%引き上げを決定、これについては織り込んでいたものの、今後の利上げ見通しについてもタカ派的な姿勢を前面に押し出したことで、前日の米国株市場でNYダウやナスダック総合株価指数など主要株価指数が揃って大きく下落している。東京市場でもこのリスクオフの地合いを引き継ぐ格好となっている。きょうはFRBに半日遅れで日銀の金融政策決定会合の結果が公表されるが、部分的な政策変更があるのかどうかなどマーケットの注目度は高い。日経平均はフシ目の2万7000円大台攻防となっているが、日経平均に連動する仕組みで組成されたETFである日経レバも、個人投資家を中心とした短期資金の見切り売りや空売りを誘導している。

■アイビーシー <3920>  509円  +73 円 (+16.7%) 一時ストップ高   本日終値
 アイビーシー<3920>が一時ストップ高。21日の取引終了後、同社が開発・販売するシステム情報管理ソフトウェア「System Answer G3」において、IT障害ゼロを目指す新機能を10月3日から提供開始すると発表しており、これを好材料視する買いが入った。今回新たにIT障害の根本原因を相関分析により特定する新機能「ダイナミックブックマーク(相関分析)」と、IT障害のトラブルシューティングを支援する新機能「トラブルシューティングアシスタント」を世界に先駆けて同時にリリースする。新機能により、顧客のIT運用部門がトラブルの原因特定を迅速に対応することで、ITシステムの早期安定化を可能にするとしている。

■アクセル <6730>  1,095円  +150 円 (+15.9%) ストップ高   本日終値
 アクセル<6730>はストップ高。21日の取引終了後、23年3月期の連結業績予想について、売上高を113億円から134億円(前期比25.6%増)へ、営業利益を4億6000万円から12億2000万円(同45.4%増)へ、純利益を5億円から10億2000万円(同17.9%増)へ上方修正しており、これが好感された。世界的なサプライチェーンの混乱や半導体市況の需給逼迫の影響から多くのメーカーにおいて部材を積極的に確保する動きが見られることを背景に、パチンコ・パチスロ機向けグラフィックスLSIの販売見通しを45万個から47万個へ引き上げたことが要因。また、メモリモジュール製品が顧客の旺盛な需要により計画を大幅に上回る販売見通しとなったことや、営業外収益にNEDO助成金収入を見込んでいることも寄与する。また、業績予想の修正に伴い、40円としていた期末一括配当予想を63円(前期40円)に引き上げた。

■クルーズ <2138>  958円  +112 円 (+13.2%) 一時ストップ高   本日終値
 クルーズ<2138>が急騰。午前11時ごろ、子会社のCROOZ Blockchain Labが参画しているプロジェクト「PROJECT XENO」に、人気YouTuberのヒカル氏がアンバサダーとして就任することが決定したと発表しており、これが材料視された。PROJECT XENOはGameFi(GameとFinanceをかけ合わせた造語)とeスポーツを備えたWeb3 PvP(Player vs Player)ゲーム。ヒカル氏との共同企画など今後の展開に期待が高まっているようだ。

■岐阜造園 <1438>  1,117円  +111 円 (+11.0%)  本日終値
 岐阜造園<1438>が急騰、上場来高値を更新した。21日の取引終了後、東京証券取引所からスタンダード市場への上場を承認されたと発表。東証スタンダード市場への上場予定日は9月28日で、名証メイン市場との重複上場となる。これを受けて、東証への上場による知名度や流動性の向上などを期待する買いが入ったようだ。

■ユークス <4334>  815円  +71 円 (+9.5%)  本日終値
 ユークス<4334>は急騰。21日の取引終了後、4月27日に発表した自社株買いについて、取得枠の上限を50万株から70万株(発行済み株数の8.15%)へ、取得価額の上限を3億円から5億円へ拡大すると発表しており、これを好感した買いが入った。経営環境の変化に対応し、株式市場の動向も考慮した機動的な資本政策を遂行するためとしている。なお、23年4月21日までとする取得期間は据え置いている。

■光ビジネスフォーム <3948>  910円  +77 円 (+9.2%)  本日終値
 光ビジネスフォーム<3948>は全体軟調相場に逆行して9%超の上昇で910円まで上値を伸ばした。前々日に上ヒゲで933円の高値をつけた後は目先利益確定売りで値を下げたが、それまで8連騰という上昇パフォーマンスをみせていた。継続的な資金流入は続いており、改めて900円を超える動きとなった。金融機関などを主要顧客に情報用紙の製造販売を展開するほか、好採算のデータ出力サービスなどにも力を入れている。株価は8月上旬に急騰した後、700円台前半でのもみ合いを続け、今月中旬を境に上昇第2波に突入した。PER5倍未満でPBRは0.6倍前後にとどまっており、更に配当利回りが5%台というディープバリュー株の一角として評価されている。

■中部鋼鈑 <5461>  993円  +75 円 (+8.2%)  本日終値
 中部鋼鈑<5461>が5日続伸し年初来高値更新。21日の取引終了後、東京証券取引所に株式上場申請を行ったと発表しており、これが材料視されたようだ。更なる社会的信用力や知名度の向上、社内管理体制の充実と従業員の士気向上、株式価値の向上や優秀な人材の確保を実現し、持続的成長のための基盤を確立することが目的。上場申請が承認された場合、現在上場している名古屋証券取引所プレミア市場との重複上場になる。

■マイクロ波化学 <9227>  860円  +51 円 (+6.3%)  本日終値
 マイクロ波化学<9227>が大幅高。前日に続き全体軟調地合いに抗して上値を指向している。市場では「今朝のテレビ東京の番組で同社の有するマイクロ波化学プロセスに関する技術が紹介され、これを材料視した買いが入った。ただ一方では、同社株を保有するベンチャーキャピタルのロックアップ解除のタイミングと重なっていることで、売り解禁に伴う換金売り圧力が上値を押さえる要因となる」(国内証券情報部)としている。

株探ニュース


日経平均




 

■関連サイト ※外部リンク