市場ニュース

戻る

【市況】NY原油:強含み、米雇用統計改善で需要増加の思惑も


NYMEX原油9月限終値:89.01 ↑0.47

5日のNY原油先物9月限は強含み。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物9月限は、前営業日比+0.47ドル(+0.53%)の89.01ドルで通常取引を終了した。時間外取引を含めた取引レンジは87.01ドル-90.76ドル。米雇用統計発表後に87.01ドルまで下落したが、雇用改善による需要増の思惑が強まり、一時90.76ドルまで戻した。ただ、米長期金利上昇やドル高を意識した売りも観測されており、通常取引終了後の時間外取引では主に88ドル台で推移。

《MK》

 提供:フィスコ


日経平均




 

■関連サイト ※外部リンク