市場ニュース

戻る

【市況】日経平均は231円高、企業決算や米雇用統計に関心

日経平均 <1分足> 「株探」多機能チャートより

日経平均は231円高(14時20分現在)。日経平均寄与度では、東エレク<8035>、ファーストリテ<9983>、キッコーマン<2801>などがプラス寄与上位となっており、一方、コナミG<9766>、オリンパス<7733>、テルモ<4543>などがマイナス寄与上位となっている。セクターでは、鉄鋼、その他製品、食料品、倉庫運輸関連、精密機器が値上がり率上位、石油石炭製品、鉱業、電気・ガス業、銀行業、ガラス土石製品が値下がり率上位となっている。

日経平均は高値圏で推移している。今日はこの後、日本紙<3863>、板硝子<5202>、フジクラ<5803>、住友重<6302>、ミネベア<6479>、シャープ<6753>、いすゞ<7202>、スズキ<7269>、バンナムHD<7832>、丸井G<8252>、菱地所<8802>、NTTデータ<9613>、SOMPO<8630>、ヤマハ発<7272>、MS&AD<8725>、東京海上<8766>、凸版印<7911>、レーザーテック<6920>などが決算発表を予定している。また、米国では7月の米雇用統計が発表され、市場の関心が高い。

《FA》

 提供:フィスコ


日経平均




 

■関連サイト ※外部リンク