市場ニュース

戻る

【市況】東京株式(大引け)=320円高と大幅続伸、半導体関連株などに買い戻し流入

 24日の東京株式市場で日経平均株価は大幅続伸。半導体関連株などハイテク株に買い戻しが流入し、一時2万6500円に乗せる場面があった。

 大引けの日経平均株価は前日比320円72銭高の2万6491円97銭。プライム市場の売買高概算は12億4447万株。売買代金概算は2兆9584億円となった。値上がり銘柄数は1336と全体の約73%、値下がり銘柄数は446、変わらずは56銘柄だった。

 前日のNYダウが194ドル高と上昇。米景気後退への警戒感が強いものの、ハイテク株やディフェンシブの一角が買われた。この米国株高が安心感を生み、東京市場も買いが優勢となる展開。寄り付きは前日比で50円強の小幅高で始まったが、その後は買いの勢いが強まり、後場に入り上昇幅は300円を超え一時2万6500円に乗せた。半導体関連株や機械株、海運株などが上昇した。一方、自動車株や不動産株などが値を下げた。

 レーザーテック<6920>や東京エレクトロン<8035>、アドバンテスト<6857>が高く、日本電産<6594>や村田製作所<6981>が堅調。キーエンス<6861>やファナック<6954>、ダイキン工業<6367>が買われた。レノバ<9519>やダブル・スコープ<6619>が急伸した。川崎汽船<9107>や日本郵船<9101>もしっかり。

 半面、ファーストリテイリング<9983>や三菱重工業<7011>、日立製作所<6501>が安く、三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306>やみずほフィナンシャルグループ<8411>が軟調。トヨタ自動車<7203>や三菱自動車工業<7211>、ホンダ<7267>など自動車株が安く、三井不動産<8801>や三菱地所<8802>なども値を下げた。

出所:MINKABU PRESS



日経平均




 

■関連サイト ※外部リンク