市場ニュース

戻る

【市況】【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─日本に幸運もたらすインバウンド、関連株の押し目を拾う!

株式アドバイザー 北浜流一郎

「日本に幸運もたらすインバウンド、関連株の押し目を拾う!」

●訪日客受け入れへ舵を切った岸田政権

 3日前に何を食べたか聞かれても、まったく答えられない。下手をすると昨日の食事さえ忘れてしまうが、2年前となるとなおさらだ。

 しかし、2年ほど前によく耳にし、使いもした言葉である「インバウンド」はどうだろう? 最近はほとんど使わなくなっていたが、この言葉はしっかり覚えている。

 当時は全国どこへ行っても、外国人観光客があふれていたからだ。行く先々で外国人旅行者たちの姿があり、ソースネクスト <4344> [東証P]が販売している翻訳機を購入しようかと思ったほどだ。

 しかし、翻訳機を購入する前に、新型コロナウイルスの感染拡大により、彼らは瞬く間に日本から消えてしまった。私が時々訪れる鎌倉の場合、数年前は外国人たちで満杯だった江ノ電がガラガラのこともあるようになり、寂しい思いをしていたのだが、今後は『鎌倉殿の13人』ブームによる国内観光客に加え、外国人たちもどんどん増えてくるだろう。

 私がこう言うのは、岸田首相が5月26日夜に東京都内で講演し、水際対策を巡って「来月1日から一日の入国者総数を2万人に引き上げるとともに、入国時の検査実績で陽性率が低い国については入国時検査を行わずに入国を認める」「6月10日から添乗員付きのパッケージツアーでの観光客受け入れを再開する」と述べたからだ。

 入国者数の上限が現行の1万人から2万人に倍増することになり、それが実施されると月間約60万人の入国が見込めることになる。

 しかも、入国者の受け入れ上限は、今後次第に緩和されることはまず間違いなく、来年のいま頃の日本は再びインバウンドで盛り上がっていることも十分にあり得る。いまや懐かしくさえなっている「爆買い」も見られることになろう。

●インバウンド関連の目先反落あれば好機に

 となると、投資対象としたいのはインバウンド関連株になる。それらの多くは、目先すでに上昇中だ。そのため、短期筋の利食いによる反落があり得るので、そこを狙えばよいことになる。

 具体的には、まずはこれまで幾度も取り上げた高島屋 <8233> [東証P]になる。外国人観光客がいきなり高島屋や三越伊勢丹ホールディングス <3099> [東証P]などに押し寄せるわけではないが、いずれは 百貨店を訪れるようになると見てよい。

 もちろん、高級品が揃っている百貨店だけでなく、日用品の品揃えが豊富なパン・パシフィック・インターナショナルホールディングス <7532> [東証P]やマツキヨココカラ&カンパニー <3088> [東証P]などの店舗にも足を向ける。

 観光地で地元限定のお菓子販売に強い寿スピリッツ <2222> [東証P]も忘れないようにしたい。ただ、この銘柄は値動きが粗いので、高値つかみしないよう慎重な投資が必要だが……。

 外国人観光客のほとんどは航空機で訪れるのだからANAホールディングス <9202> [東証P]、JAL <9201> [東証P]のちょい下げを待つのも良策だ。

 ツアーの募集に強い会社にも目を向けておきたい。HIS <9603> [東証P]がある。そして、インバウンド専門の旅行会社、HANATOUR JAPAN <6561> も反発を開始してから1カ月近くであり、今後も浅い押し目を入れながらの続伸が見込める。

 外国人観光客たちがまた日本に幸運をもたらしてくれるのだ。投資家もそのチャンスを逃さずに捉えたい。

2022年5月27日 記

株探ニュース


日経平均




 

■関連サイト ※外部リンク