市場ニュース

戻る

【材料】◎14日前場の主要ヘッドライン

マザーズ指数 <日足> 「株探」多機能チャートより
・日立建機が急落、日立は保有株の半分を売却と伝わる
・ファストリが急反発、第1四半期営業利益5.6%増で会社計画大きく上回る
・東証マザーズ指数の下げ際立つ、需給悪で信用取引の投げ売りを誘発
・ミクニ急反発、電動車向けEOPの新生産ラインを上海に設置へ
・セブン&アイが急反発、海外コンビニ事業上振れで22年2月期業績予想を上方修正
・中山鋼は逆行高で5日続伸、業績急拡大でバリュー株の側面にも着目
・前沢工業が急動意、6~11月期営業益急拡大で配当増額も好感
・アステリアはカイ気配スタート、22年3月期利益予想を上方修正
・アイドマHDがカイ気配スタート、9~11月期営業4億円台乗せで進捗率34%に
・レーザーテクは続落、米半導体株安と円高嫌気もTSMCの設備投資は期待材料
・ADプラズマはカイ気配スタート、第1四半期営業利益は2.8倍

※ヘッドラインは記事配信時点のものです

出所:MINKABU PRESS

日経平均