市場ニュース

戻る

【材料】ビックカメラは大幅反発、上限600万株の自己株取得枠を設定

ビックカメラ <日足> 「株探」多機能チャートより
 ビックカメラ<3048>は大幅反発。同社は13日取引終了後、600万株(発行済み株式総数に対する割合3.41%)もしくは50億円を上限とする自己株式の取得枠を設定すると発表した。取得期間は1月14日から6月30日までで、株主還元及び資本効率の向上と、経営環境の変化に対応した機動的な資本政策の遂行のために行う。

 あわせて、22年8月期第1四半期(9~11月)連結営業利益は21億8900万円と発表した。上期計画50億円に対する進捗率は43.8%、通期計画157億円に対しては13.9%。なお、今期から「収益認識に関する会計基準」適用のため、前年との比較は記載されていない。新型コロナウイルス感染症による影響については、都市部の店舗を中心に営業時間の短縮が続いているほか、一部店舗では臨時休業を継続しているとした。

出所:MINKABU PRESS

日経平均