市場ニュース

戻る

【経済】ベンチャー株取引が身近に、「FUNDINNO MARKET」スタート


―日本クラウドキャピタルが日本初の未上場企業株式のセカンダリーマーケット創設―

 日本クラウドキャピタル(東京都品川区)が12月8日、日本で初めてネットでベンチャー株が注文できる、未上場企業株式のセカンダリーマーケット「FUNDINNO MARKET(ファンディーノマーケット)」のサービスを開始した。

 「FUNDINNO MARKET」は、日本証券業協会が提供する非上場株式の流通取引・資金調達の制度である「株主コミュニティ」を活用した、個人投資家がいつでもベンチャー企業の株式をオンラインで注文することが可能となる国内初のサービス。ベンチャー企業の株式を保有する個人投資家間の売買取引や、個人投資家から資金を調達したい未上場企業の資金調達の場を創出するのが狙いで、IPOやM&AなどのEXITを目指すベンチャー企業だけではなく、地域経済を支える中小企業や社会課題の解決を目指すソーシャルベンチャーなどが活用できるマーケットとする方針だ。

 これまでベンチャー企業への投資では、投資したい個人投資家と資金調達したいベンチャー企業との適切な出会いの場が限られており、流動性が乏しいため、ベンチャー企業の株式は保持し続けることが一般的だった。一方で、米国には一般の個人投資家が取引に参加できるOTCQX、OTCQB、OTCBBといった巨大なOTCマーケット(取引所を介さない売買取引のこと)があり、これらの企業が上位市場を目指すことで、株式市場全体の活性化につながっている。

 日本クラウドキャピタルではこれまで、株式投資型クラウドファンディング「FUNDINNO」を通じてベンチャー企業への投資の機会を提供してきたが、今回の「FUNDINNO MARKET」創設により、国内未上場企業株式の流動性の向上を目指す。柴原祐喜代表取締役CEOは「スタートは取引可能企業4社からスタートするが、今後は『FUNDINNO』掲載企業を中心に毎月2、3社増やす。また、将来的には『FUNDINNO』掲載企業以外の案件も拡大していく」としており、日本国内でもベンチャー企業の株式の売買と流動性の活性化が一気に進むきっかけになることが期待されている。

株探ニュース

日経平均