市場ニュース

戻る

【市況】前場に注目すべき3つのポイント~28000円を固めてくるかが注目されよう~

NYダウ <日足> 「株探」多機能チャートより

7日前場の取引では以下の3つのポイントに注目したい。

■株式見通し:28000円を固めてくるかが注目されよう
■ACCESS、3Q営業損失▲28.19億円
■前場の注目材料:キリンHD、ミャンマー合弁解消へ商事仲裁を提起


■28000円を固めてくるかが注目されよう

7日の日本株市場は、米株高を受けて買い先行ながら、次第にこう着感が強まりそうである。6日の米国市場ではNYダウが646ドル高だった。バイデン大統領の首席医療顧問の国立アレルギー感染症研究所ファウチ所長が週末のインタビューで、時期尚早としながらも、新型コロナの新たな変異株(オミクロン株)の重症度を巡り、楽観的な見解を示したため経済封鎖への警戒感が後退し景気回復期待から買い優勢の展開となった。シカゴ日経225先物清算値は大阪比245円高の28095円。円相場は1ドル113円50銭台で推移している。

シカゴ先物にサヤ寄せする格好から買い先行で始まり、28000円を固めてくるかが注目されよう。もっとも、オミクロン株についての重症化リスクについてはこれまでも伝えられていた情報の範囲内であり、楽観的な見方には向かいづらく、買い一巡後は次第にこう着感の強い相場展開になりそうである。また、先物市場では週末にメジャーSQを控えているため、手口動向を見ても限月交代に伴うロールオーバー中心の売買である。積極的にトレンドを取りに行く動きは限られると見られ、仕掛け的な動きが見られたとしても、その後のカバーの動きは速そうである。

また、米国では景気敏感株を中心に買われており、一方でハイテク株は高安まちまちだった。SOX指数は小幅な下落にとどまっており、構成銘柄についてもまちまちだったこともあり、指数インパクトの大きい値がさ株やハイテク株の動向を見極めたいところではある。また、ソフトバンクG<9984>が連日で年初来安値を更新している点も指数の重荷となる。ソフトバンクGはADR市場で反発を見せていることから本日は上昇が見込まれるものの、戻りの鈍さが意識されてくるようだと、次第に戻り待ちの売りに押される格好となり、日経平均の重荷となろう。

そのため、物色の流れとしては個別に材料のある銘柄での、短期的な値幅取り狙いの売買となりそうだ。また、マザーズ指数は4%近い下落で節目の1000ポイントに接近してきた。8月安値とのダブルボトム形成も意識されやすい水準となるため、足元で利食いの動きが強まっている中小型株の一角については、短期的なリバウンド狙いの動きも意識されやすいと見られる。


■ACCESS、3Q営業損失▲28.19億円

ACCESS<4813>が発表した第3四半期業績は、営業損失が28.19億円だった。ネットワーク事業においては、売上高は前年同四半期比で増加したものの当初計画を下回り、体制強化に伴う人件費やソフトウェアの減価償却費の増加による費用増が上回ったことで、前年同四半期比でセグメント損益の損失額は拡大した。


■前場の注目材料

・NYダウは上昇(35227.03、+646.95)
・ナスダック総合指数は上昇(15225.15、+139.68)
・シカゴ日経先物は上昇(28095、大阪比+245)
・1ドル113.40-50円
・VIX指数は低下(27.18、-3.49)
・米原油先物は上昇(69.49、+3.23)
・米国景気の拡大
・日銀は金融緩和を長期化
・株価急落時の日銀ETF買い


・キリンHD<2503>ミャンマー合弁解消へ商事仲裁を提起
・昭電線HD<5805>昭和電線HDなど3者、超電導ケーブルで送電損失95%減
・芝浦機械<6104>芝浦機械と日精ASB、新興国向け射出成形機で提携
・ディスコ<6146>R&D新拠点、280億円投資
・楽天G<4755>送料無料「独禁法違反疑い」、公取委、年内めど調査終了へ
・トヨタ紡織<3116>スタートアップに投資、5年で50億円
・ミスミG<9962>インド在庫を増強、移転拡張で2倍
・コマツ<6301>国交省の宇宙開発事業に採択、月面建機技術
・東レ<3402>しなやかさ・機能性両立、ポリエステル生地開発
・大王製紙<3880>ドトールに紙マドラー供給、プラ製から転換
・ENEOS<5020>筐体・パッキン一体成形、高耐熱エラストマー開発
・SCREEN<7735>SCREENなど「がん個別化医療」共同研究、体外で治療効果予測


☆前場のイベントスケジュール

<国内>
・08:30 10月家計支出(前年比予想:-0.5%、9月:-1.9%)
・08:30 10月毎月勤労統計・現金給与総額(前年比予想:+0.4%、9月:+0.2%)

<海外>
・時間未定 中・11月輸出(前年比予想:+20.3%、10月:+27.1%)
・時間未定 中・11月輸入(前年比予想:+21.5%、10月:+20.6%)
《ST》

 提供:フィスコ

日経平均