市場ニュース

戻る

【材料】<動意株・30日>(大引け)=アイビーシー、マーチャントなど

アイビーシー <日足> 「株探」多機能チャートより
 アイビーシー<3920>=後場上昇。午後1時30分ごろ、IIJグローバルソリューションズ(東京都千代田区)とIoTセキュリティー分野で技術提携し、アイビーシーの特許技術を活用した新サービス「IoTトラストサービス」をIIJグローバルから提供を開始したと発表しており、これが材料視されている。同サービスは、IBCが提供するブロックチェーン技術を利用した新しい電子認証基盤であるPKIシステム「kusabi」(クサビ)を活用し、コネクテッドデバイス(IoTデバイス)の信頼性確保や適正なデバイスマネジメントを実現するサービス。主にIoTプラットフォームベンダーやIoTデバイスメーカー向けにIIJグローバルが販売するとしている。

 マーチャント・バンカーズ<3121>=3日ぶり大幅反発。同社は29日取引終了後、京都の伝統工芸品や和雑貨の制作販売を行うくろちく(京都市中京区)と、NFT(非代替性トークン)並びにインターネット販売に関する業務提携に合意したと発表しており、これを材料視した買いも入っているようだ。くろちくは1974年に創業し、京都に根差した伝統工芸品や和雑貨品を制作・販売している企業。今回の提携により、くろちくが企画・制作する京都の伝統工芸品や和雑貨品をNFT化し、現物との交換ができるマーケットプレイスの「NFTバンカーズ」でお宝グッズとして全世界のコレクターに紹介し、販売する。また、くろちくが運営する「京都くろちく楽天ショップ」と、マーチャントの子会社ケンテンが運営するショッピングサイト「KENTEN×lafan」との相互のバナー広告など、販売協力を行うとしている。

 ライトアップ<6580>=動意。29日の取引終了後、NTTドコモ(東京都千代田区)と中堅・中小企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)を目的とした業務連携を行うことで合意したと発表したことを好感した買いが入っている。今回の連携により、ドコモが12月1日に開設する「ビジネスdXストア」のサービスラインアップに、ライトアップの助成金・補助金申請支援サービス「JSaaS」が採用され、「dX助成金申請」という名称で提供されるという。なお、現時点で22年3月期業績に与える影響は軽微と予想している。

 アイドマ・ホールディングス<7373>=大幅続伸。29日の取引終了後、NTTドコモ(東京千代田区)に対してオンライン商談ツールをOEM提供すると発表したことが好感されている。ドコモが12月1日に開設する中堅・中小企業の顧客がデジタルトランスフォーメーション(DX)を推進するための新しいオンラインストア「ビジネスdXストア」のサービスの一つとして、「dXオンライン営業」の名称で提供するという。なお、22年8月期業績に与える影響は軽微としている。

 ニッポン高度紙工業<3891>=3日ぶり反発。アルミ電解コンデンサー向けセパレータで世界シェア約6割というニッチトップ企業で、世界的な電気自動車(EV)シフトの動きを背景とするリチウムイオン電池の需要拡大が追い風となっている。また、リチウムイオン電池用セパレータでは、世界初となる植物由来の高性能セルロース系セパレータを開発し、既に納入が進んでおり、今後の収益寄与が期待される状況。足もとの業績も好調で、営業利益は21年3月期に前の期比2.8倍の27億6100万円と急拡大したが、続く22年3月期も34%増益を見込んでいる。株式需給面でもファンド筋の売り一巡からリバウンドが期待される。

※未確認情報が含まれる場合があります。株式の売買は自己責任に基づいて、ご自身でご判断ください。

出所:MINKABU PRESS

日経平均