市場ニュース

戻る

【特報】話題株先取り【寄り付き】(1):長瀬産、サンリオ、日立造など

※この記事はリアルタイム株価記載のため、プレミアム会員向けに20分先行して配信しています。
長瀬産 <日足> 「株探」多機能チャートより
■長瀬産業 <8012>  1,817円  +93 円 (+5.4%)  09:07現在
 4日に決算を発表。「今期経常を29%上方修正・3期ぶり最高益更新へ」が好感された。
 長瀬産業 <8012> が8月4日大引け後(16:00)に決算を発表。22年3月期第1四半期(4-6月)の連結経常利益は前年同期比2.5倍の106億円に急拡大した。併せて、通期の同利益を従来予想の240億円→310億円(前期は228億円)に29.2%上方修正し、増益率が5.0%増→35.6%増に拡大し、3期ぶりに過去最高益を更新する見通しとなった。
  ⇒⇒長瀬産業の詳しい業績推移表を見る

■サンリオ <8136>  1,985円  +100 円 (+5.3%)  09:07現在
 4日に決算を発表。「4-6月期(1Q)経常は黒字浮上・上期計画を超過」が好感された。
 サンリオ <8136> が8月4日大引け後(16:00)に決算を発表。22年3月期第1四半期(4-6月)の連結経常損益は1億円の黒字(前年同期は9.9億円の赤字)に浮上し、4-9月期(上期)計画の10億円の赤字をすでに上回った。
  ⇒⇒サンリオの詳しい業績推移表を見る

■日立造船 <7004>  833円  +40 円 (+5.0%)  09:07現在
 4日に決算を発表。「4-6月期(1Q)経常は赤字縮小で着地」が好感された。
 日立造船 <7004> が8月4日大引け後(15:00)に決算を発表。22年3月期第1四半期(4-6月)の連結経常損益は26.6億円の赤字(前年同期は48.5億円の赤字)に赤字幅が縮小した。
  ⇒⇒日立造船の詳しい業績推移表を見る

■オカムラ <7994>  1,689円  +81 円 (+5.0%)  09:07現在
 4日に決算を発表。「上期経常を27%上方修正・3期ぶり最高益、通期も増額」が好感された。
 オカムラ <7994> が8月4日大引け後(15:00)に決算を発表。22年3月期第1四半期(4-6月)の連結経常利益は前年同期比5.7倍の48.7億円に急拡大した。併せて、4-9月期(上期)の同利益を従来予想の55億円→70億円(前年同期は35.6億円)に27.3%上方修正し、増益率が54.5%増→96.6%増に拡大し、3期ぶりに上期の過去最高益を更新する見通しとなった。
  ⇒⇒オカムラの詳しい業績推移表を見る

■日東紡績 <3110>  3,505円  +155 円 (+4.6%)  09:07現在
 4日に決算を発表。「上期経常を一転6%増益に上方修正、通期も増額」が好感された。
 日東紡績 <3110> が8月4日大引け後(15:00)に決算を発表。22年3月期第1四半期(4-6月)の連結経常利益は前年同期比24.2%減の16.2億円に減った。しかしながら、併せて4-9月期(上期)の同利益を従来予想の24億円→30億円(前年同期は28.1億円)に25.0%上方修正し、一転して6.5%増益見通しとなった。
  ⇒⇒日東紡績の詳しい業績推移表を見る

■ユニ・チャーム <8113>  4,695円  +205 円 (+4.6%)  09:07現在
 4日に決算を発表。「上期税引き前が66%増益で着地・4-6月期も2.7倍増益」が好感された。
 ユニ・チャーム <8113> が8月4日大引け後(15:30)に決算(国際会計基準=IFRS)を発表。21年12月期第2四半期累計(1-6月)の連結税引き前利益は前年同期比65.6%増の647億円に拡大し、通期計画の1170億円に対する進捗率は55.3%に達し、5年平均の45.7%も上回った。
  ⇒⇒ユニ・チャームの詳しい業績推移表を見る

■ファンケル <4921>  3,440円  +150 円 (+4.6%)  09:07現在
 4日に決算を発表。「4-6月期(1Q)経常は29%増益で着地」が好感された。
 ファンケル <4921> が8月4日大引け後(15:00)に決算を発表。22年3月期第1四半期(4-6月)の連結経常利益は前年同期比29.3%増の32.4億円に伸び、4-9月期(上期)計画の51億円に対する進捗率は63.6%に達し、5年平均の48.8%も上回った。
  ⇒⇒ファンケルの詳しい業績推移表を見る

■テルモ <4543>  4,427円  +161 円 (+3.8%)  09:07現在
 4日に決算を発表。「今期最終を9%上方修正・4期ぶり最高益更新へ」が好感された。
 テルモ <4543> が8月4日大引け後(15:00)に決算(国際会計基準=IFRS)を発表。22年3月期第1四半期(4-6月)の連結最終利益は前年同期比99.2%増の278億円に拡大した。併せて、通期の同利益を従来予想の842億円→920億円(前期は772億円)に9.2%上方修正し、増益率が9.0%増→19.1%増に拡大し、4期ぶりに過去最高益を更新する見通しとなった。
  ⇒⇒テルモの詳しい業績推移表を見る

■ダスキン <4665>  2,622円  +94 円 (+3.7%)  09:07現在
 4日に決算を発表。「上期経常を一転34%増益に上方修正、通期も増額、配当も8円増額」が好感された。
 ダスキン <4665> が8月4日大引け後(15:30)に決算を発表。22年3月期第1四半期(4-6月)の連結経常利益は前年同期比2.6倍の33.7億円に急拡大した。同時に、今期の上期配当を従来計画の22円→30円(前年同期は20円)に大幅増額し、年間配当は58円になる。
  ⇒⇒ダスキンの詳しい業績推移表を見る

■スカパーJ <9412>  427円  +13 円 (+3.1%)  09:07現在
 4日に発表した「3%を上限に自社株買いを実施」が買い材料。
 発行済み株式数(自社株を除く)の3%にあたる900万株(金額で30億円)を上限に自社株買いを実施する。買い付け期間は8月5日から22年1月31日まで。

株探ニュース

日経平均