市場ニュース

戻る

【材料】ショーエイ急反落、22年3月期は減収減益見通し

ショーエイ <日足> 「株探」多機能チャートより
 ショーエイコーポレーション<9385>が急反落。同社は前週21日の取引終了後、従業員による不適切取引の発覚に伴い延期していた21年3月期決算を発表した。売上高205億700万円(前の期比7.3%増)、純利益6億7500万円(同66.3%増)となったが、従来予想からは下振れて着地。あわせて発表した22年3月期の業績予想は売上高200億8600万円(前期比2.1%減)、純利益6億400万円(同10.4%減)となり、これを嫌気した売りが出ているようだ。

 前期は充填セットの売り上げが好調だったものの、封入封緘や物流の売り上げが落ち込んだ。また、同不適切取引に関わる貸倒損失を計上したことも業績の下振れ要因となった。今期については、「収益認識に関する会計基準」の適用により従来の売り上げ計上分を差し引くほか、同不適切取引に関する対応費用などを計上予定にあることから減収減益となる見通し。

出所:MINKABU PRESS

日経平均