市場ニュース

戻る

【注目】話題株ピックアップ【夕刊】(3):HMT、スペースマ、クロスフォー

HMT <日足> 「株探」多機能チャートより
■HMT <6090>  912円  +42 円 (+4.8%)  本日終値
 ヒューマン・メタボローム・テクノロジーズ<6090>が大幅反発。17日の取引終了後、東京医科歯科大学と新型コロナウイルス感染症に関する共同研究契約を締結したと発表しており、これが好感された。共同研究では、新型コロナウイルス感染症患者の血液を用いてメタボローム解析を行い、血液中に含まれる代謝物質を網羅的に分析することで、重症病態の解明を目指すという。同研究では、HMTの提供するメタボローム解析データだけではなく、東京医科歯科大学が保有する新型コロナ重症患者データベースに記録された臨床情報や血液検査などの各種検査データを組み合わせ、そこに機械学習などの最新データ解析手法を用いることで重症度と関連する代謝物質を特定し、病態のメカニズム解明を基盤とした新たな治療法の開発に貢献するとしている。なお、同件が21年6月期業績に与える影響は軽微としている。

■スペースマーケット <4487>  1,010円  +34 円 (+3.5%)  本日終値
 スペースマーケット<4487>が大幅続伸し年初来高値を更新した。同社は17日、TBSホールディングス<9401>傘下のTBSテレビとコラボ企画を開始し、「逃げるは恥だが役に立つ」の空間を貸し切り体験できるレンタルスペースのレンタル予約を開始したと発表しており、これが好感された。同企画は、IP(知的財産権)活用による遊休スペースの利用促進を目的としており、スペースマーケットに掲載されている遊休スペースにTBSのコンテンツ空間を再現し、映像のなかでしか楽しむことができなかった世界観を、実空間を貸し切って体験できるサービスとして提供するという。「逃げるは恥だが役に立つ」はその第1弾で、ドラマスタッフによるオリジナル演出を加えてリビングを再現し、映像でしか楽しめなかったドラマのなかの空間を、レンタルし実際に体験できるようにしたという。

■INEST <3390>  82円  +2 円 (+2.5%)  本日終値
 INEST<3390>は反発。午後1時ごろ、連結子会社アイ・ステーションが独占販売している大容量蓄電池「POWERGATE JAPAN」の累計導入台数が300台を突破したと発表しており、これを好感した買いが入った。同製品は、ポータブル蓄電池で初の7000ワットを実現したほか、50ヘルツと60ヘルツの周波数の切り替えが可能であることや、自動消火システムが搭載されていることなどが特徴。国内で新型コロナウイルスワクチンを保管するための超低温フリーザーの保冷庫(ディープフリーザー)のバックアップ電源としても採用されており、当初予定していた累計導入台数300台を販売開始1年で突破した。

■オルトプラス <3672>  433円  +4 円 (+0.9%)  本日終値
 オルトプラス<3672>が反発。同社は17日取引終了後に、DMM.com(東京都港区)と共同出資し、オンラインクレーンゲームを提供する合弁会社「DMMオンクレ」を設立すると発表しており、これが材料視されたようだ。合弁会社の出資比率は、DMM.comが80%、オルトPが20%。両社は、DMMが持つ企画力やリアル事業でのアセットと、オルトPのゲーム企画開発・運営力を融合することで、相互の企業価値向上につなげるビジネスを展開することが可能と判断し、今回の合弁設立に至ったとしている。

■きずなホールディングス <7086>  1,657円  +7 円 (+0.4%)  本日終値
 きずなホールディングス<7086>が反発。17日の取引終了後に発表した5月度の月次業績で、葬儀売り上げが6億5400万円(前年同月比25.1%増)となり、3カ月連続で前年実績を上回った。1ホールの新規出店を行ったほか、葬儀件数が842件と同21.3%増となった。

■クロスフォー <7810>  270円  -46 円 (-14.6%)  本日終値
 クロスフォー<7810>が急落。17日の取引終了後、21年7月末時点の株主から優待制度を一部変更すると発表しており、これが嫌気された。現行制度では、自社製品「Dancing Stone」を100株以上500株未満保有で4500円相当、500株以上保有で1万円相当を贈呈していたが、新制度では500株以上保有者に対する優待制度を取りやめ、100株以上保有者への制度に統一するとしている。

■フリークHD <6094>  1,668円  -67 円 (-3.9%)  本日終値
 フリークアウト・ホールディングス<6094>が大幅反落。17日の取引終了後、21年9月期第3四半期決算でデリバティブ取引評価損を計上すると発表しており、これが嫌気された。第3四半期に1億1100万円を計上し、通期では3億3900万円を特別損失として計上するとしている。なお、21年9月期業績予想で純利益は非開示としている。

●ストップ高銘柄
 なし

●ストップ安銘柄
 なし

株探ニュース

日経平均