市場ニュース

戻る

【材料】三井ハイテクが新値追い、国内有力証券が投資判断を引き上げ

三井ハイテク <日足> 「株探」多機能チャートより
 三井ハイテック<6966>が急伸し連日の年初来高値更新となっている。11日の決算発表で、22年1月期業績予想を上方修正したことを受けて株価は急伸しているが、この日は三菱UFJモルガン・スタンレー証券が17日付で投資判断を「ホールド」から「バイ」とし、目標株価を4400円から8000円へ引き上げたことが好材料視されているようだ。

 同証券では、電動車用モーターコアの需要拡大と生産性改善などによる利益率向上とリードフレームの収益性改善が、従来想定を上回るペースで進捗していることなどを評価。また、22年1月期の営業利益予想を54億円から102億円へ、23年1月期を同84億円から128億円へそれぞれ引き上げており、電子部品部門は需要想定並び利益率想定の引き上げ、モーターコアの電機部品部門においても同様な理由で引き上げるとしている。

出所:MINKABU PRESS

日経平均