市場ニュース

戻る

【注目】話題株ピックアップ【昼刊】:セレス、トプコン、BASE

セレス <日足> 「株探」多機能チャートより
■セレス <3696>  4,355円  +700 円 (+19.2%) ストップ高   11:30現在  東証1部 上昇率トップ
 セレス<3696>が急反騰。国内最大級のスマートフォン向けポイントサイト「モッピー」を運営し、ネット広告を収益の主柱としている。コロナ禍にあっても収益好調を極めており、11日取引終了後に発表した、1~3月期決算は最終利益が前年同期比4.4倍の13億3900万円と急増した。21年12月期通期計画の16億円に対する進捗率は第1四半期にもかかわらず84%に達した。これを好感する買いが集中する格好となっている。

■I-PEX <6640>  2,313円  +283 円 (+13.9%)  11:30現在  東証1部 上昇率4位
 I-PEX<6640>は急伸。11日の取引終了後、21年12月期の連結業績予想について、売上高を577億円から626億円(前期比14.8%増)へ、営業利益を33億円から55億円(同88.9%増)へ、純利益を20億円から38億5000万円(同3.3倍)へ上方修正したことを好感した買いが入っている。第1四半期に引き続きノートパソコン向けコネクタの需要が旺盛となり、電気・電子部品事業が伸長したほか、自動車部品事業、設備事業が回復したことが要因。また、受注増加に伴う操業効率の向上も寄与する。同時に発表した第1四半期(1~3月)決算は、売上高160億6600万円(前年同期比26.3%増)、営業利益18億6100万円(同6.4倍)、純利益16億8100万円(同3.7倍)だった。

■KHネオケム <4189>  3,010円  +323 円 (+12.0%)  11:30現在  東証1部 上昇率7位
 KHネオケム<4189>が急反発し年初来高値を更新している。11日の取引終了後、21年12月期の連結業績予想について、売上高を864億円から1040億円(前期比34.5%増)へ、営業利益を82億円から118億円(同2.1倍)へ、純利益を58億円から84億円(同2.1倍)へ上方修正したことが好感されている。第1四半期(1~3月)決算が、需要回復による販売数量の増加や需給バランスのタイト化による製品価格の上昇、半導体や液晶パネル向けを中心にした電子材料の好調な需要などで大幅な増収増益となり、第2四半期(4~6月)も需要が堅調に推移することが見込まれることが要因としている。なお、第1四半期決算は、売上高238億5300万円(前年同期比13.4%増)、営業利益31億6800万円(同56.2%増)、純利益23億100万円(同64.1%増)だった。

■三洋貿易 <3176>  1,231円  +122 円 (+11.0%)  11:30現在  東証1部 上昇率8位
 三洋貿易<3176>は急反発し年初来高値を更新した。11日の取引終了後、21年9月期の連結業績予想について、売上高を820億円から880億円(前期比15.7%増)へ、営業利益を40億円から60億円(同25.2%増)へ、純利益を27億円から42億円(同39.4%増)へ上方修正しており、営業最高益更新を見込んでいることが好感されている。自動車関連商材をはじめ幅広い産業に向けた素材関連の販売が国内外で好調となったことが要因としている。また、あわせて中間配当を18円50銭から19円に引き上げると発表しており、これも好材料視されている。年間配当は38円(前期37円50銭)となる予定だ。なお、同時に発表した第2四半期累計(20年10月~21年3月)決算は、売上高455億2500万円(前年同期比11.1%増)、営業利益36億3400万円(同23.3%増)、純利益26億6700万円(同26.1%増)だった。

■オークネット <3964>  1,426円  +139 円 (+10.8%)  11:30現在  東証1部 上昇率9位
 オークネット<3964>が急伸し年初来高値を更新した。11日の取引終了後、21年12月期連結業績予想について、売上高を337億9600万円から343億5100万円(前期比42.7%増)へ、営業利益を38億600万円から44億9600万円(同21.3%増)へ、純利益を22億1400万円から25億1600万円(同32.7%増)へ上方修正し、あわせて配当予想を中間・期末各12円の年24円から中間・期末各14円の年28円に引き上げたことが好感されている。オンラインオークション需要の高まりなどにより、デジタルプロダクツ事業やコンシューマープロダクツ事業をはじめ、全セグメントが好調に推移していることが要因としている。同時に発表した第1四半期(1~3月)業績は、売上高92億6800万円(前年同期比65.8%増)、営業利益18億800万円(同59.1%増)、純利益12億7700万円(同76.7%増)だった。

■トプコン <7732>  1,709円  +148 円 (+9.5%)  11:30現在  東証1部 上昇率10位
 トプコン<7732>が一時13%を超える急騰、週初につけた1597円を上回り一気に1700円台まで上値を伸ばし、18年12月以来約2年半ぶりの高値を更新した。11日取引終了後に発表した21年3月期決算は営業利益が前の期比23%増の65億9300万円と大幅な伸びを達成、従来計画から大きく上振れての着地となった。更に、22年3月期営業利益は100億円(前期比52%増)を見込む。加えて、株主還元も強化し、年間配当は前期実績に10円増配となる20円を計画している。これを評価する形で高水準の買いを呼び込む格好となった。

■ユナイテッド <2497>  1,402円  +117 円 (+9.1%)  11:30現在
 11日に発表した「9.2%を上限に自社株買いを実施」が買い材料。
 発行済み株式数(自社株を除く)の9.2%にあたる200万株(金額で30億円)を上限に自社株買いを実施する。買い付け期間は5月12日から22年2月28日までで、今回取得した自社株は22年3月31日付で全て消却する。また、別枠で発行済み株式数の5.1%にあたる120万株を5月31日付で消却する。

■ミルボン <4919>  6,140円  +500 円 (+8.9%)  11:30現在
 ミルボン<4919>が急反発している。11日の取引終了後に発表した第1四半期(1~3月)連結決算が、売上高89億8900万円(前年同期比14.9%増)、営業利益16億3300万円(同58.4%増)、純利益10億9100万円(同81.4%増)と大幅増益となったことが好感されている。ヘアケア用剤でプレミアムブランド「オージュア」が新ラインの投入もあり好調だったほか、染毛剤ではファッションカラー「オルディーブ アディクシー」が引き続き順調に推移した。また海外では、昨年新型コロナウイルス感染症の影響で売り上げを落とした中国や韓国が大きく売り上げを伸ばした。なお、21年12月期通期業績予想は、売上高382億円(前期比6.9%増)、営業利益64億2000万円(同0.4%増)、純利益40億5000万円(同3.7%減)の従来見通しを据え置いている。

■荏原実業 <6328>  5,280円  +410 円 (+8.4%)  11:30現在
 11日に決算を発表。「1-3月期(1Q)経常は73%増益で着地」が好感された。
 荏原実業 <6328> が5月11日大引け後(15:30)に決算を発表。21年12月期第1四半期(1-3月)の連結経常利益は前年同期比72.9%増の35.7億円に拡大し、通期計画の36億円に対する進捗率は99.3%に達し、5年平均の90.8%も上回った。
  ⇒⇒荏原実業の詳しい業績推移表を見る

■石原産業 <4028>  998円  +75 円 (+8.1%)  11:30現在
 石原産業<4028>が急反発。11日の取引終了後に発表した22年3月期の連結業績予想で、売上高1030億円(会計基準変更のため比較なし)、営業利益63億円(同21.8%増)、純利益36億円(同6.7%増)と大幅営業増益を見込むことが好感されている。引き続き無機化学事業の回復基調を見込むほか、農薬事業では米州での好調な穀物生産を背景に全般的に需要が堅調に推移すると予想しており、これらが牽引役となる。なお、同時に発表した21年3月期決算は、売上高1017億7400万円(前の期比0.7%増)、営業利益51億7300万円(同16.4%減)、純利益33億7300万円(同43.0%増)だった。

■インテージH <4326>  1,454円  +98 円 (+7.2%)  11:30現在
 11日に決算を発表。「今期経常を28%上方修正・4期ぶり最高益、配当も11円増額」が好感された。
 インテージホールディングス <4326> が5月11日大引け後(15:30)に決算を発表。21年6月期第3四半期累計(20年7月-21年3月)の連結経常利益は51.6億円となった。業績好調に伴い、期末一括配当を従来計画の24円→35円(前期は30円)に大幅増額修正した。
  ⇒⇒インテージHの詳しい業績推移表を見る

■福山通運 <9075>  4,475円  +265 円 (+6.3%)  11:30現在
 11日に発表した「16.14%を上限に自社株TOBを実施」が買い材料。
 発行済み株式数の16.14%にあたる900万株(金額で365億0300万円)を上限に自社株TOB(株式公開買い付け)を実施する。公開買い付け期間は5月12日から6月8日まで。買い付け価格は4049円。近鉄グループホールディングス <9041> が保有株売却の意向を示したことに対応する。

■EIZO <6737>  4,325円  +235 円 (+5.8%)  11:30現在
 11日に決算を発表。「今期経常は11%増益、5円増配へ」が好感された。
 EIZO <6737> が5月11日大引け後(15:00)に決算を発表。21年3月期の連結経常利益は前の期比33.6%増の88.1億円に拡大し、22年3月期も前期比11.2%増の98億円に伸びる見通しとなった。3期連続増収、増益になる。
  ⇒⇒EIZOの詳しい業績推移表を見る

■ユニオンツール <6278>  3,700円  +185 円 (+5.3%)  11:30現在
 ユニオンツール<6278>は反発。11日の取引終了後、21年12月期の連結業績予想について、売上高を235億円から253億円(前期比10.9%増)へ、営業利益を32億円から43億円(同50.1%増)へ、純利益を24億5000万円から32億円(同26.0%増)へ上方修正したことが好感されている。半導体関連や、自動車関連向け高付加価値製品に対する需要が堅調に推移するほか、生産能力の増強・効率改善が奏功していることが要因。下期においても、半導体パッケージの進化、電気自動車(EV)の生産増加、高速通信網の整備などが期待されることから需要の継続を見込んでいる。なお、同時に発表した第1四半期(1~3月)決算は、売上高63億4800万円(前年同期比20.4%増)、営業利益10億9000万円(同77.7%増)、純利益8億7700万円(同87.8%増)だった。

■BASE <4477>  1,627円  +80 円 (+5.2%)  11:30現在
 BASE<4477>が大幅高で8日ぶりに反発している。11日の取引終了後に発表した第1四半期(1~3月)連結決算が、売上高22億3700万円(前年同期比99.0%増)、営業利益1300万円(前年同期2800万円の赤字)、最終利益4000万円(同2900万円の赤字)となり、通期計画の営業損益を上回って着地したことが好感されている。新型コロナウイルス感染症の影響により、ネットショップ開設への需要が継続していることに加えて、「BASEかんたん決済」へのAmazon Payの追加や、「ショップデザイン機能」の拡充、簡単にインスタグラム広告やGoogleショッピング広告を配信できる拡張機能の提供などの効果が貢献した。新規ショップ開設数が前年同期比81%増と伸長したほか、1ショップ当たりの月間注文額も同2.1倍と高い成長率を維持した。なお、21年12月期通期業績予想は、売上高97億5000万~105億3600万円(前期比17.6~27.1%増)へ、営業損益14億3300万円の赤字~9億2900万円の赤字(前期8億300万円の黒字)、最終損益14億3700万円の赤字~9億3300万円の赤字(同5億8400万円の黒字)の従来見通しを据え置いている。

■テセック <6337>  2,155円  +400 円 (+22.8%) ストップ高買い気配   11:30現在
 テセック<6337>はストップ高カイ気配となっている。同社は半導体製造装置メーカーでハンドラ(分類装置)とテスターを主力としている。世界的な半導体投資活発化を背景に業績は急速に改善色を強めている。11日取引終了後に発表した22年3月期の業績予想はトップラインが急増し77億円を見込んでいる。増収効果から営業損益も15億円の黒字化(前期実績は4億4800万円の赤字)を予想している。更に、年間配当は60円と前期実績の10円に対し50円上乗せする計画で、これがポジティブサプライズとなった。

■キャリア <6198>  495円  +80 円 (+19.3%) ストップ高   11:30現在
 キャリア<6198>が急伸しストップ高の495円に買われている。午前10時30分ごろ、「新型コロナウイルスワクチン接種における看護師の派遣」を落札したと発表しており、これが好材料視されている。防衛省・自衛隊は新型コロナウイルスワクチンの大規模な接種に向けて、民間の看護師を募集し東京都と大阪府に設ける接種会場に配置する方針で、今回の落札によりキャリアが看護師を常時200人派遣することになる。なお、21年9月期業績への影響は現在精査中としている。

■ファミリー <8298>  651円  +100 円 (+18.1%) ストップ高買い気配   11:30現在
 ファミリー<8298>がストップ高カイ気配。11日の取引終了後、MBOの一環として専務取締役の清水貴志氏が代表を務めるTSホールディングス(千葉市中央区)が、株式の非公開化を目指してTOBを実施すると発表しており、TOB価格750円にサヤ寄せする格好となっている。株式を非公開化することで、中長期的な視点から抜本的かつ機動的な経営戦略を迅速に実践するのが狙い。買付予定数は560万4176株(下限377万4089株、上限設定なし)で、買付期間は5月12日から6月22日まで。TOB成立後、ファミリーは所定の手続きを経て上場廃止となる予定で、この発表を受けて東京証券取引所は、同社株式を5月11日付で監理銘柄(確認中)に指定している。

●ストップ高銘柄
 遠藤製作所 <7841>  799円  +100 円 (+14.3%) ストップ高買い気配   11:30現在
 など、5銘柄

●ストップ安銘柄
 三井金エンジ <1737>  1,125円  -300 円 (-21.1%) ストップ安   11:30現在
 以上、1銘柄

株探ニュース

日経平均