市場ニュース

戻る

【市況】今週の【早わかり株式市況】4週続落、連休控えた週末手仕舞い売りに押される

日経平均 <週足> 「株探」多機能チャートより

■今週の相場ポイント
 1.日経平均は4週連続で下落、企業決算の本格化や新型コロナまん延を警戒
 2.大型連休を前に買い手控えムード強く、ポジション調整の売り圧力が作用
 3.日経平均は高安を日々交互に繰り返す形で方向感の定まらない展開が続く
 4.ファナックなど主力株が好決算評価で買われ、市場のセンチメントが改善
 5.週末は手仕舞い売りが顕在化し反落、2万9000円台を割り込んで着地

■週間 市場概況
 今週の東京株式市場は日経平均株価が前週末比208円(0.72%)安の2万8812円と4週連続の下落となった。

 今週は昭和の日の祝日に伴う休場があった関係で4営業日となったが、3月決算企業の決算発表が本格化することや、国内での新型コロナウイルス感染拡大に対する警戒感から模様眺めムードの強い地合いを余儀なくされた。また、今週後半から来週にかけて大型連休を控えていることでポジション調整の売りも上値を押さえた。

 週明け26日(月)は日経平均が反発。手掛かり材料難の地合いだったが、景気回復期待を背景とした前週末の米株高などがプラスに働いた。ただ、主要企業の決算発表を横にらみに腰の入った買いは入らず、値下がり銘柄数が値上がりを上回った。27日(火)は反落。日経平均は130円あまり水準を切り下げ、前日に上げた分よりも大きい下落幅となった。国内での変異ウイルスを含む新型コロナの感染拡大に対する警戒感が高まりをみせており、投資家心理を冷やした。28日(水)は底堅さを発揮してプラス圏で着地。FOMCの結果を見極めたいとのニーズはあったが売り物を吸収し、ファナックなど前日に好決算を発表した主力株の一角が素直に買われたことも、市場センチメントの改善に一役買った。もっとも前週後半から日経平均は高安を日々交互に繰り返す方向感の定まらない展開が続いている。29日(木)は昭和の日の祝日に伴い休場だったが、週末30日(金)は総じて売り優勢の展開に変わった。名実ともに月内最終商いとなったこの日、前場中ごろを境に、あすからの5連休を意識した手仕舞い売りが活発化した。日経平均は後場下げ幅を広げ240円あまり下落、2万9000円台を割り込んで今週の取引を終えている。

■来週のポイント
 ゴールデンウイークの連休で6日、7日の2日間だけの取引となる来週は連休中の海外株式市場の動向にもよるが、今週と同じく方向感に乏しい展開となりそうだ。

 重要イベントとしては、国内は連休で特にない。海外では3日発表の米国4月ISM製造業景況指数や4日発表の米国3月貿易収支、7日に発表される中国4月貿易収支と米国4月雇用統計に注視が必要だろう。

■日々の動き(4月26日~4月30日)

【↑】   4月26日(月)―― 反発、米株高に追随し買い優勢も上値は重い
 日経平均 29126.23( +105.60)  売買高 9億7477万株 売買代金 2兆0874億円

【↓】   4月27日(火)―― 反落、朝高も決算発表本格化を控え手控えムード
 日経平均 28991.89( -134.34)  売買高11億5937万株 売買代金 2兆4409億円

【↑】   4月28日(水)―― 小反発、手掛かり材料難のなか円安が追い風に
 日経平均 29053.97(  +62.08)  売買高12億3708万株 売買代金 2兆7025億円

【↓】   4月30日(金)―― 反落、5連休を控え手仕舞い売りが膨らむ
 日経平均 28812.63( -241.34)  売買高13億5010万株 売買代金 3兆1104億円

■セクター・トレンド
 (1)全33業種中、23業種が下落
 (2)第一三共 <4568> など医薬品が値下がり率トップ
 (3)島津 <7701> など精密機器、ソニーG <6758> など電機、スズキ <7269> など自動車といった輸出株が売られた
 (4)積水ハウス <1928> など建設、カゴメ <2811> など食品、ZHD <4689> など情報・通信など内需株は総じて軟調
 (5)金融株は大和 <8601> など証券、ゆうちょ銀 <7182> など銀行は堅調も
   東京海上 <8766> など保険、日本取引所 <8697> などその他金融は低調
 (6)原油高でINPEX <1605> など鉱業、ENEOS <5020> など石油が高い
 (7)郵船 <9101> など海運、日本製鉄 <5401> など鉄鋼、フジクラ <5803> など非鉄といった景気敏感株が買われた

■【投資テーマ】週間ベスト5 (株探PC版におけるアクセス数上位5テーマ)
 1(2) パワー半導体
 2(1) 半導体 ──── 爆需発生で舞い上がる、半導体関連「中小型隠れ本命株」10連弾!
 3(3) 半導体製造装置
 4(4) 再生可能エネルギー
 5(6) 太陽光発電
  ※カッコは前週の順位


★1日~5日に「ゴールデンウイーク特集」などを一挙、“31本”配信します。ご期待ください。
        →→ 「ゴールデンウイーク特集」の記事一覧をみる

株探ニュース

日経平均