市場ニュース

戻る

【市況】伊藤智洋が読むマーケット・シナリオ【週間展望】 4月25日版

日経平均株価は今週中に3万円以上に到達できるかが焦点
1. 日経平均株価は今週まで3万0714円突破の可能性を考えておく
 前回の記事では、 日経平均株価は4月19日以降の価格が下げる場合、5月が下値を試す動きになる可能性が大きくなると書きました。
 5月は月初から上下へ一本調子に動きやすい傾向があります。5月は一定の流れができると、その流れを払拭するような材料が表れにくく、その時点での上値、下値の限界を試す流れになりやすくなっていると推測できます。
 そのため、前回は19日以降の価格が下げて、2月16日の高値3万0714円での上値の重さを再確認する格好になる場合、5月中にこの高値を超えるような上げ場面へ入りにくいと判断しました。
 日経平均株価は19日以降、価格が一段安となって、2月16日以降のレンジ下限となる3月5日の安値2万8308円に迫る程度まで下げています。
 5月の始値が2万8500円以下に位置しているなら、5月が一本調子の上昇の流れとなっても、戻り高値3万0714円が強力な壁になっている状況は変わらず、4月6日の高値3万0208円の手前で戻り高値をつけると考えられます。
 6月~9月頃までは、年間が強気であっても積極的に高値を更新し続ける展開になりにくい時期になります。その時期を前に上値の限界が見えてくるのですから、本年が3万0714円以上を積極的に目指す動きがあるとしても、10月以降の動きとして表れるという見方になります。
...
───────── プレミアム会員【専用】コンテンツです ─────────
本コンテンツをご覧になりたい方は、「株探プレミアム」にお申し込みください。
※プレミアム会員の方は、“ログイン”してご利用ください。

日経平均