市場ニュース

戻る

【材料】前日に動いた銘柄 part1 SMC、シルバーライフ、カネカなど

JAL <日足> 「株探」多機能チャートより

銘柄名<コード>8日終値⇒前日比
JAL<9201> 2348 -79
本決算1カ月前に変異株の拡大など新型コロナ第4波を警戒。

SMC<6273> 66280 +1550
7日にかけての続落による75日線割れで突っ込み警戒感からの買い戻し。

チェンジ<3962> 3645 -185
積み上がったままの信用買い残を背景に戻り待ちの売りに押される。

武田薬<4502> 3708 -118
コロナ薬の共同開発断念などを背景に下落基調続き75日線を大きく下放れる。

ワタベウェディング<4696> 253 +33
特に材料見当たらず思惑主導の展開とみられる。

シルバーライフ<9262> 2430 +150
いちよし証券では新規に買い推奨としている。

シュッピン<3179> 1173 +94
3月の月次動向が買い材料視される展開に。

日立金属<5486> 1901 +88
売却額8000億円超との報道でプレミアム期待。

ラクーンHD<3031> 2900 +167
信用取り組み妙味強く買い戻しが優勢か。

カネカ<4118> 4695 +195
三菱UFJモルガン・スタンレー証券では投資判断を2段階格上げ。

インターネットイニシアティブ<3774> 2735 +98
法人向けフルMVNOサービスでのeSIM提供を引き続き材料視。

日本農薬<4997> 598 +24
親会社ADEKAの直近の株価上昇も刺激か。

ディップ<2379> 2910 +90
今期の業績見通しや増配計画を評価。

武蔵精密工業<7220> 2139 +132
クレディ・スイス証券では目標株価を引き上げ。

三光合成<7888> 458 -47
第3四半期好決算発表も想定線で出尽くし感。

ユーグレナ<2931> 977 -94
海外募集による新株発行発表で希薄化懸念。

モリテックスチール<5986> 444 -39
EV関連として7日に上昇の反動が強まる。

リソー教育<4714> 321 -32
前期業績の下振れ着地とマイナス視。

ダブル・スコープ<6619> 683 -67
新株の発行価格も割り込み需給不安強まる。

マネックスグループ<8698> 978 -89
ビットコイン価格の下落基調を弱材料視。

ベルシステム24ホールディングス<6183> 1784 -90
今期業績見通しはコンセンサス下振れ。

《FA》

 提供:フィスコ

日経平均