市場ニュース

戻る

【特報】話題株先取り【寄り付き】:積水ハウス、Tスマート、エスティックなど

※この記事はリアルタイム株価記載のため、プレミアム会員向けに20分先行して配信しています。
積水ハウス <日足> 「株探」多機能チャートより
■積水ハウス <1928>  2,135.5円  +74.5 円 (+3.6%)  09:07現在
 4日に決算を発表。「今期経常は8%増益、前期配当を2円増額・今期は2円増配へ」が好感された。
 積水ハウス <1928> が3月4日大引け後(15:45)に決算を発表。21年1月期の連結経常利益は前の期比13.7%減の1846億円になったが、22年1月期は前期比8.3%増の2000億円に伸びる見通しとなった。6期連続増収になる。同時に、前期の年間配当を82円→84円(前の期は81円)に増額し、今期も前期比2円増の86円に増配する方針とした。
  ⇒⇒積水ハウスの詳しい業績推移表を見る
 同時に発表した「1.17%を上限に自社株買いを実施」も買い材料。
 発行済み株式数(自社株を除く)の1.17%にあたる800万株(金額で150億円)を上限に自社株買いを実施する。買い付け期間は3月5日から22年1月31日まで。

■テクノスマート <6246>  1,233円  +86 円 (+7.5%)  09:07現在
 4日に発表した「エフィッシモが大株主に浮上」が買い材料。
 エフィッシモ キャピタル マネージメントが4日付で財務省に提出した大量保有報告書によると、エフィッシモの同社株式保有比率は6.09%となり、新たに5%を超えたことが判明した。

■エスティック <6161>  4,275円  +210 円 (+5.2%) 特別買い気配   09:07現在
 4日に業績修正を発表。「今期経常を33%上方修正、配当も15円増額」が好感された。
 エスティック <6161> [東証2] が3月4日大引け後(17:00)に業績・配当修正を発表。21年3月期の連結経常利益を従来予想の7.6億円→10.1億円(前期は17.5億円)に33.0%上方修正し、減益率が56.4%減→42.1%減に縮小する見通しとなった。
  ⇒⇒エスティックの詳しい業績推移表を見る

■INCLUSIVE <7078>  4,280円  -210 円 (-4.7%) 特別売り気配   09:07現在
 4日に発表した「東証が信用規制を強化」が売り材料。
 東証と日証金が5日売買分から信用取引に関する臨時措置を強化する。

■昭光通商 <8090>  765円  +45 円 (+6.3%) 特別買い気配   09:07現在
 4日に発表した「SKTHDがTOBを実施」が買い材料。
 SKTホールディングスがTOB(株式公開買い付け)を実施し、非公開化を目指す。TOB価格は1株796円で4日終値を10.6%上回る水準。買い付け期間は3月5日から4月15日まで。

■アルチザネットワークス <6778>  1,718円  +88 円 (+5.4%)  09:07現在
 4日に決算を発表。「上期経常が3.2倍増益で着地・11-1月期も64%増益」が好感された。
 アルチザネットワークス <6778> [東証2] が3月4日大引け後(15:00)に決算を発表。21年7月期第2四半期累計(20年8月-21年1月)の連結経常利益は前年同期比3.2倍の6億6900万円に急拡大し、通期計画の7億6000万円に対する進捗率は88.0%に達し、さらに前年同期の52.4%も上回った。
  ⇒⇒アルチザネットワークスの詳しい業績推移表を見る
 同時に発表した「ドコモの標準化業務に協力」も買い材料。
 NTTドコモが2030年に向けて技術開発を進めている5G evolutionおよび6G分野における標準化業務で協力。

■キッセイ薬品工業 <4547>  2,219円  +47 円 (+2.2%)  09:07現在
 4日に発表した「1.50%を上限に自社株買いを実施」が買い材料。
 発行済み株式数(自社株を除く)の1.50%にあたる70万株(金額で15億2040万円)を上限に、3月5日朝の東証の自己株式立会外買付取引「ToSTNeT-3」で自社株買いを実施する。

■カラダノート <4014>  1,765円  +45 円 (+2.6%)  09:07現在
 4日に発表した「保険代理事業に参入」が買い材料。
 保険関連事業者DX支援の一環として保険代理事業に参入。新サービス「かぞくの保険」を開始。

■泉州電業 <9824>  3,440円  -105 円 (-3.0%)  09:07現在
 4日に決算を発表。「11-1月期(1Q)経常は7%減益で着地」が嫌気された。
 泉州電業 <9824> が3月4日後場(14:00)に決算を発表。21年10月期第1四半期(20年11月-21年1月)の連結経常利益は前年同期比6.9%減の8.1億円に減ったが、11-4月期(上期)計画の15.8億円に対する進捗率は51.8%に達し、5年平均の47.1%も上回った。
  ⇒⇒泉州電業の詳しい業績推移表を見る

■新家工業 <7305>  1,603円  +65 円 (+4.2%)  09:07現在
 4日に業績修正を発表。「今期経常を2倍上方修正、未定だった配当は65円実施」が好感された。
 新家工業 <7305> が3月4日大引け後(15:40)に業績・配当修正を発表。21年3月期の連結経常利益を従来予想の3億円→6億円(前期は14.6億円)に2.0倍上方修正し、減益率が79.5%減→59.0%減に縮小する見通しとなった。
  ⇒⇒新家工業の詳しい業績推移表を見る

■DyDo <2590>  5,030円  -110 円 (-2.1%)  09:07現在
 4日に決算を発表。「今期経常は25%減益へ」が嫌気された。
 ダイドーグループホールディングス <2590> が3月4日大引け後(15:00)に決算を発表。21年1月期の連結経常利益は前の期比2.0倍の57.2億円に拡大したが、22年1月期は前期比24.9%減の43億円に減る見通しとなった。
  ⇒⇒DyDoの詳しい業績推移表を見る

株探ニュース

日経平均