市場ニュース

戻る

【材料】ペガサスが続伸、固定資産売却益計上で21年3月期最終損益予想を上方修正

 ペガサスミシン製造<6262>が続伸している。22日の取引終了後、21年3月期の連結業績予想について、最終損益を収支均衡から4億3500万円の黒字(前期2億600万円の赤字)へ上方修正したことが好感されている。

 大阪市福島区に保有する土地・建物を譲渡するのに伴い、固定資産売却益5億800万円を特別利益として計上することなどが要因としている。なお、売上高123億9000万円(前期比17.2%減)、営業利益4億円(同19.8%減)は従来見通しを据え置いている。

出所:MINKABU PRESS

日経平均