市場ニュース

戻る

【市況】今週の【早わかり株式市況】3週続伸、米大型経済対策への期待からリスクオン継続

日経平均 <週足> 「株探」多機能チャートより

■今週の相場ポイント
 1.日経平均は3週連続の上昇、米追加経済対策への期待からリスクオン継続
 2.トランプ米大統領の罷免問題など米政局不安への懸念も売り圧力は限定的
 3.14日(木)は空売りの買い戻しで日経平均の上げ幅は一時500円超え
 4.半導体関連銘柄への買い意欲旺盛、全体リスクオン相場のリード役を担う
 5.週末は利益確定売りで反落も、前日までの5営業日で1600円超の上昇

■週間 市場概況
 今週の東京株式市場は日経平均株価が前週末比380円(1.35%)高の2万8519円と3週連続の上昇となった。

 今週の東京市場は、前週後半の大幅高を受けて目先高値警戒感も意識されやすいところだったが、リスクを取る動きは健在で上値指向が続いた。新型コロナウイルスの感染拡大に歯止めがかからないほか、トランプ米大統領の罷免問題など米政局不安も浮上しネガティブ材料は多かったものの、20日から発足するバイデン新政権による追加経済対策への期待感が相場に浮揚力を与えた。ただ、週末は利益確定売りに押された。

 3連休明けとなった12日(火)は朝方安く始まったものの下げ渋り、その後は小幅にプラス圏に切り返して取引を終えた。暴動を扇動したとしてトランプ米大統領を罷免しようとする動きが出るなど米政局不安が意識されたが、押し目買い意欲は旺盛だった。13日(水)も買い優勢の地合い。米バイデン新政権による大型の追加経済対策を期待する買いが相場を押し上げた。セクター別では半導体関連の上げが目立った。14日(木)はリスク選好ムードに拍車がかかり、日経平均は一時500円超の上昇で2万9000円台目前に買われた。現地時間14日に発表予定の米経済対策を見込んだ買いに加え、空売り買い戻しも上げを加速させる背景に。ただ、後場には半導体関連中心に利益確定の動きが急速に広がり、大引けにかけて上げ幅を縮小させた。そして週末の15日(金)は寄り付きこそ買い優勢だったものの、日経平均はほぼ寄り天となりその後は漸次水準を切り下げる展開。バイデン米次期大統領が1.9兆ドル規模の経済対策の概要を公表したが、事前に織り込みが進んでいたことで目先材料出尽くし感からの売りに押される展開を余儀なくされ、6日ぶりに反落した。日経平均は直近5営業日で1600円以上上昇していたこともあってその反動が出る形となった。

■来週のポイント
 昨年末から相場は急上昇してきただけに、来週はスピード調整する可能性が高そうだ。ただ、買い意欲が強いことから、調整後は再び上値を追う展開が期待される。

 重要イベントとしては、国内では20日-21日に開催される日銀金融政策決定会合や21日朝に発表される12月貿易収支、22日朝に発表される全国消費者物価指数が注目される。海外では18日に発表される中国10-12月期GDPと中国12月鉱工業生産や、21日に発表されるECBの政策金利と米国12月住宅着工件数に注視が必要だろう。20日にはバイデン米次期大統領の就任式が行われる。

■日々の動き(1月12日~1月15日)

【↑】   1月12日(火)―― 3日続伸、朝安も押し目買い意欲が旺盛で切り返す
 日経平均 28164.34(  +25.31)  売買高13億3547万株 売買代金 2兆8947億円

【↑】   1月13日(水)―― 4日続伸、米大型経済対策への期待から買い優勢
 日経平均 28456.59( +292.25)  売買高12億3956万株 売買代金 2兆7355億円

【↑】   1月14日(木)―― 5日続伸、米追加経済対策の発表目前で期待感浮上
 日経平均 28698.26( +241.67)  売買高14億1374万株 売買代金 3兆2420億円

【↓】   1月15日(金)―― 6日ぶり反落、高値警戒感で利益確定売り優勢
 日経平均 28519.18( -179.08)  売買高12億4926万株 売買代金 2兆8376億円

■セクター・トレンド
 (1)全33業種中、16業種が上昇
 (2)原油高で国際石開帝石 <1605> など鉱業、ENEOS <5020> など石油株が大きく買われた
 (3)東急 <9005> 、小田急 <9007> など陸運株は買い戻された
 (4)KDDI <9433> など情報・通信、味の素 <2802> など食品といった内需株の一角は上昇
 (5)輸出株は東エレク <8035> など電機は高いも
   トヨタ <7203> など自動車、オリンパス <7733> など精密機器は安い
 (6)金融株は三菱UFJ <8306> など銀行、東京海上 <8766> など保険、イオンFS <8570> などその他金融は堅調も
   野村 <8604> など証券はさえない
 (7)日本製鉄 <5401> など鉄鋼、住友鉱 <5713> など非鉄、商船三井 <9104> など海運といった景気敏感株は売られた

■【投資テーマ】週間ベスト5 (株探PC版におけるアクセス数上位5テーマ)
 1(9) 半導体 
 2(1) 再生可能エネルギー
 3(15) 半導体製造装置
 4(3) 全固体電池
 5(6) 水素
  ※カッコは前週の順位

株探ニュース

日経平均