市場ニュース

戻る

【注目】★本日の【イチオシ決算】 AFC-HD、日清食HD、エアトリ (1月5日)

AFC-HD <日足> 「株探」多機能チャートより

1)本日(1月5日)引け後に発表された決算・業績修正

 ●イチオシ決算

【AFC-HD <2927> [JQ]】 ★9-11月期(1Q)経常は2.1倍増益で着地
 ◆21年8月期第1四半期(9-11月)の連結経常利益は前年同期比2.1倍の5.5億円に急拡大して着地。ヘルスケア事業で美容商材が好調だった海外部門を筆頭に、通信販売、OEM、卸販売部門の売上高が伸び、20.3%の大幅増収を達成したことが寄与。好採算な自社製品の販売増加に加え、子会社本草製薬の黒字化なども利益拡大に貢献した。
  上期計画の5.7億円に対する進捗率は97.7%に達しており、業績上振れが期待される。

 ●サプライズな決算発表・業績修正

 日清食HD <2897>   ★今期最終を23%上方修正・最高益予想を上乗せ
 ◆21年3月期の連結最終利益を従来予想の305億円→375億円に23.0%上方修正。増益率が4.0%増→27.9%増に拡大し、従来の2期連続での過去最高益予想をさらに上乗せした。新型コロナウイルスの感染拡大による巣ごもり需要の増加が追い風になるほか、湖池屋 <2226> [JQ]の連結化および段階取得に係る差益を計上することも利益を押し上げる。

 エアトリ <6191>   ★今期税引き前を18%上方修正
 ◆21年9月期の連結税引き前損益を従来予想の3.3億円の黒字→3.8億円の黒字(前期は91.9億円の赤字)に17.9%上方修正。今期業績の上方修正は昨年11月に続き、2回目。国内領域が好調に推移し、エアトリ旅行事業の収益が想定以上に伸びることが寄与。新たに開始したヘルスケア事業におけるPCR検査の需要取り込みや投資事業の好スタートも上振れに貢献する。

 薬王堂HD <7679>   ★3-11月期(3Q累計)経常は41%増益・通期計画を超過
 ◆21年2月期第3四半期累計(3-11月)の連結経常利益は前年同期比41.0%増の45.6億円に拡大して着地。マスクや介護用品といった衛生用品のほか、感冒薬や消毒薬、食品、洗剤などの販売が大きく伸びた。
  通期計画の43.1億円をすでに上回っており、業績上振れが期待される。

 ダイセキ <9793>   ★今期経常を12%上方修正
 ◆21年2月期の連結経常利益を従来予想の86.4億円→97億円に12.3%上方修正。減益率が21.6%減→12.0%減に縮小する見通しとなった。鉱工業生産指数の底入れとともに産業廃棄物処理受託量が回復傾向にあるほか、土壌汚染関連事業の採算改善、鉛再精錬事業における鉛価格の上昇などが上振れの要因となる。

 アオキスーパ <9977> [JQ]  ★3-11月期(3Q累計)経常は3倍増で通期計画を超過、配当10円増額
 ◆21年2月期第3四半期累計(3-11月)の経常利益(非連結)は前年同期比3.1倍の26.9億円に急拡大して着地。新型コロナウイルス感染拡大に伴う内食需要の高まりを背景に、売上高が前年実績を上回ったことが寄与。広告配布の自粛などで販売費が減少したことも大幅増益につながった。
  通期計画の26.6億円をすでに上回っており、業績上振れが期待される。
  併せて、創業80年記念配当を実施する形で、今期の年間配当を従来計画の60円→70円(前期は60円)に増額修正した。

2)1月6日の決算発表銘柄(予定)
 ■引け後発表
  ◆本決算:
   <3244> サムティ
  ◆第1四半期決算:
   <6264> マルマエ
   <9414> BS11
  ◆第2四半期決算:
   <2792> ハニーズHD
   <6552> ゲームウィズ
   <9265> ヤマシタHD
  ◆第3四半期決算:
   <8008> 4℃ホールデ
   <9846> 天満屋ス [東2]
   <9948> アークス
  合計9社

 ※「株探」では、株価、PER、利回りなどを併記した【決算発表・業績修正】銘柄一覧をご覧いただけます。

株探ニュース

日経平均