市場ニュース

戻る

【通貨】明日の為替相場見通し=FOMCの結果に注目

米ドル/円 <日足> Slowストキャス 「株探」多機能チャートより
 今晩から明日にかけての外国為替市場のドル円相場は、米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果発表に対する市場の反応が注目される。予想レンジは1ドル=104円80~105円90銭。

 FOMCでは金融政策は現状維持の見通しだが、ゼロ金利政策の長期化が示されるとの見方が強い。特に、ドットチャートや経済見通しが公表される。その内容に市場がどう反応するかに関心が集まっている。また、今晩は米8月小売売上高も発表される。ドル安が進行した場合、105円ラインで下げ止まるかが注目点となる。明日は日銀金融政策決定会合の結果も発表となる。市場では金融政策は現状維持を予想している。




出所:MINKABU PRESS

日経平均