市場ニュース

戻る

【市況】日経平均は29円安でスタート、日産自やホンダが軟調/寄り付き概況

日経平均 <5分足> 「株探」多機能チャートより

日経平均 : 23425.23 (-29.66)
TOPIX  : 1639.02 (-1.82)

[寄り付き概況]

 16日の日経平均は29.66円安の23425.23円と続落して取引を開始した。前日15日の米国株式相場は上昇。ダウ平均は2.27ドル高の27995.60ドル、ナスダックは133.67ポイント高の11190.32ポイントで取引を終了した。中国8月小売売上高が予想以上に回復したほかドイツの9月ZEW景気期待指数も20年ぶりの高水準に達するなど、世界経済の順調な回復が好感され寄り付きから上昇した。しかし、引けにかけては連邦準備制度理事会(FRB)の結果発表を明日に控えて一旦手仕舞う動きが広がり上げ幅を縮小した。

 米国株式相場を受けた今日の東京株式市場は売りが先行した。外為市場で1ドル=105円30銭前後と昨日午後の円の高値水準からさらに30銭ほど円高・ドル安に振れており、上値抑制要因となった。また、今晩のFOMCの結果発表とパウエルFRB議長の会見、明日の日銀金融政策決定会合の結果公表と黒田日銀総裁の会見を控え、これらの内容を確認したいとするムードもあり、買い手控え要因となった。一方、今日午後に新首相が選出される見込みで、次期政権の政策に対する期待感はあるが、寄り付き段階では売りが優勢だった。なお、取引前に発表された8月の貿易収支は2483億円の黒字だった。QUICKがまとめた民間予測の中央値は200億円の赤字だった。

 セクター別では、空運業、ゴム製品、輸送用機器、鉄鋼、鉱業などが値下がり率上位、医薬品、情報・通信業、食料品、小売業、精密機器などが値上がり率上位に並んでいる。東証1部の売買代金上位では、ファーストリテ<9983>、三菱UFJ<8306>、日産自<7201>、ホンダ<7267>、日立<6501>、JR東海<9022>、キヤノン<7751>、日本航空<9201>、オリックス<8591>、パーク24<4666>などが下落。他方、ソフトバンクG<9984>、ソフトバンク<9434>、キーエンス<6861>、武田薬<4502>、第一三共<4568>、エムスリー<2413>、神戸物産<3038>、レーザーテック<6920>、デンソー<6902>などが上昇している。
《US》

 提供:フィスコ

日経平均