市場ニュース

戻る

【材料】前日に動いた銘柄 part2 アートスパーク、マナック、アンジェスなど

LINK&M <日足> 「株探」多機能チャートより

銘柄名<コード>11日終値⇒前日比
リンクアンドモチベーション<2170> 291 -54
今期の大幅赤字見通しがネガティブインパクトに。

クックパッド<2193> 319 -56
第2四半期も大幅減益基調が継続。

ファイズHD<9325> 1125 -209
第1四半期営業黒字転換も出尽くし感が先行。

イーレックス<9517> 1251 -225
第1四半期は予想以上の経常減益幅に。

デジタルアーツ<2326> 8430 -980
いちよし証券ではレーティングを引き下げ。

日総工産<6569> 612 -33
今期の減益減配見通しを嫌気。

ネクソン<3659> 2419 -346
トランプ大統領のテンセント通信アプリ取引禁止令をマイナス視。

ホシデン<6804> 921 -85
上半期は2割超の減益見通しに。

ビーネックスグループ<2154> 1056 -61
今期収益横ばい見通し受け高値圏からの利食い売り。

テラスカイ<3915> 3915 -335
特に材料なく戻りの鈍さから見切り売りも。

カプコン<9697> 4890 -360
決算好感の動きにも一巡感。

太陽誘電<6976> 3320 -145
通期計画は市場予想を下振れの水準に。

ガンホー<3765> 1971 -140
上半期の大幅減益決算受けて売り優勢に。

アートスパーク<3663> 965+150
上半期実績は従来予想を大幅に上回る。

菊水化<7953> 449 +80
クラスター対策用空気殺菌装置の販売開始を発表。

マナック<4364> 1133 +127
第1四半期収益急拡大を好材料視。

インタートレード<3747> 397 -41
第3四半期の赤字継続をマイナス視。

夢真ホールディングス<2362> 620 +53
第3四半期の営業利益は前年同期23.5%増の46.58億円で着地。

フジプレアム<4237> 263 +16
第1四半期の営業利益は前年同期の約2.7倍の1.31億円で着地。

イグニス<3689> 1977 -222
第3四半期の最終損益が赤字拡大で着地。

オールアバウト<2454> 989 -225
非開示だった21年3月期の予想を公表、営業利益見通しは5億円に。

MTG<7806> 904+150
20年9月期予想を上方修正、最終損益見通しは25億円の赤字から損益均衡に。

アンジェス<4563> 1560 +50
厚生労働省「ワクチン生産体制等緊急整備事業」への採択について公表。

ハーモニック<6324> 5940 -440
上期営業損益予想を6.00億円の赤字(前年同期13.83億円の黒字)と発表。

ナガオカ<6239> 864 -206
21年6月期の営業利益は前期比35%減の7億円、配当見通しも3円減配へ。

ティアンドエス<4055> 7850 -
7日に新規上場、公開価格(2800円)の2.5倍となる7010円で初値形成。

《FA》

 提供:フィスコ

日経平均