市場ニュース

戻る

【特報】話題株先取り【寄り付き】(1):SBI、イオンモール、T-BASEなど

※この記事はリアルタイム株価記載のため、プレミアム会員向けに20分先行して配信しています。
SBI <日足> 「株探」多機能チャートより
■SBIホールディングス <8473>  2,308円  -119 円 (-4.9%)  09:07現在
 7日に発表した「700億円の新株予約権付社債を発行」が売り材料。
 700億円の(ユーロ円建て)新株予約権付社債(転換社債=CB)を発行する。

■イオンモール <8905>  1,363円  -59 円 (-4.2%)  09:07現在
 7日に決算を発表。「非開示だった今期経常は61%減益へ」が嫌気された。
 イオンモール <8905> が7月7日大引け後(15:00)に決算を発表。21年2月期第1四半期(3-5月)の連結経常利益は前年同期比91.8%減の10.5億円に大きく落ち込んだ。
  ⇒⇒イオンモールの詳しい業績推移表を見る

■TOKYO BASE <3415>  359円  +27 円 (+8.1%)  09:07現在
 7日に発表した「6月全社売上高は11.5%増」が買い材料。
 6月全社売上高は前年同月比11.5%増と6ヵ月ぶりに前年実績を上回った。既存店売上高は同3.2%減。

■宝&CO <7921>  2,020円  +120 円 (+6.3%) 特別買い気配   09:07現在
 7日に決算を発表。「今期経常は6%増で3期連続最高益更新へ」が好感された。
 TAKARA & COMPANY <7921> が7月7日大引け後(15:00)に決算を発表。20年5月期の連結経常利益は前の期比24.1%増の23.6億円になり、従来予想の19億円を上回り、減益予想から一転して増益で着地。21年5月期も前期比5.8%増の25億円に伸びを見込み、3期連続で過去最高益を更新する見通しとなった。9期連続増収、4期連続増益になる。
  ⇒⇒宝&COの詳しい業績推移表を見る
 同時に発表した「中計、23年5月期に営業利益29億円目標」も買い材料。
 中期経営計画を策定。23年5月期に営業利益29億円(20年5月期実績は22億円)を目指す。

■FRONTEO <2158>  732円  +40 円 (+5.8%) 特別買い気配   09:07現在
 7日に発表した「論文探索AIシステム『Amanogawa』発表」が買い材料。
 旧来の創薬プロセスを変革する論文探索AIシステム「Amanogawa」を発表。

■HIOKI <6866>  2,969円  +150 円 (+5.3%) 特別買い気配   09:07現在
 7日に業績修正を発表。「上期経常を一転微増益に上方修正」が好感された。
 HIOKI <6866> が7月7日大引け後(15:00)に業績修正を発表。20年12月期第2四半期累計(1-6月)の連結経常利益を従来予想の12億円→16.7億円(前年同期は16.6億円)に39.2%上方修正し、一転して0.3%増益見通しとなった。
  ⇒⇒HIOKIの詳しい業績推移表を見る

■ユニフォームネクスト <3566>  1,190円  +90 円 (+8.2%) 特別買い気配   09:07現在
 7日に発表した「6月売上高は36.7%増」が買い材料。
 6月売上高は前年同月比36.7%増とプラスに転じた。

株探ニュース

日経平均