市場ニュース

戻る

【通貨】明日の為替相場見通し=パウエル議長の議会証言など注目

米ドル/円 <日足> Slowストキャス 「株探」多機能チャートより
 今晩から明日にかけての外国為替市場のドル円相場は、パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長の議会証言や、NYダウの動向に左右されそうだ。予想レンジは1ドル=107円30~108円20銭。

 今晩はパウエルFRB議長のほか、ムニューシン米財務長官などに発言機会があり、その内容が注目を集めている。また、米国での新型コロナウイルス感染拡大「第2波」への警戒感が台頭するなか、トランプ政権による新たな経済対策への期待も浮上しており今晩のNYダウの動向がドル円相場を動かしそうだ。




出所:MINKABU PRESS

日経平均