市場ニュース

戻る

【市況】東証マザーズ(大引け)=マザーズ指数は4日ぶり反落、フロンテオ、メディネットが売られる

マザーズ指数 <日足> 「株探」多機能チャートより
 3日大引けの東証マザーズ指数は前日比11.68ポイント安の1003.31ポイントと4日ぶり反落。値上がり銘柄数は77、値下がり銘柄数は239となった。

 個別ではFRONTEO<2158>、メディネット<2370>、フェニックスバイオ<6190>、SKIYAKI<3995>、アディッシュ<7093>は値下がり率上位に売られた。

 一方、シャノン<3976>、GMO TECH<6026>がストップ高。グローバルウェイ<3936>は一時ストップ高と値を飛ばした。クラウドワークス<3900>、シルバーエッグ・テクノロジー<3961>、Jストリーム<4308>、メルカリ<4385>、チームスピリット<4397>など15銘柄は年初来高値を更新。GMOメディア<6180>、インパクトホールディングス<6067>、キャリア<6198>、AppBank<6177>、GMOリサーチ<3695>は値上がり率上位に買われた。

株探ニュース

日経平均