市場ニュース

戻る

【材料】三洋化成は続伸、子会社が全樹脂電池の量産工場設立に向け資金調達へ

三洋化 <日足> 「株探」多機能チャートより
 三洋化成工業<4471>が続伸している。同社は4日、次世代型リチウムイオン電池「全樹脂電池」の開発を行う子会社のAPBが、JFEケミカル(東京都台東区)や大林組<1802>など計7社を引受先とする第三者割当増資で、総額約80億円の資金調達を実施すると発表。これによる早期事業化などが期待されているようだ。

 この資金調達は、全樹脂電池の量産工場設立を主な目的としており、量産技術の確立や製造販売の開始に向けて投資を行う計画。量産や市場展開で必要となる各分野で、豊富な経験を持つ新たなパートナーの支援を得ることで成長を加速させるとしている。

出所:MINKABU PRESS

日経平均