市場ニュース

戻る

【特集】急落後のリバウンド狙う、ボリンジャー【-3σ】ブレイク銘柄 高ROE 15社選出 <テクニカル特集> 2月17日版

光通信 <日足> ボリンジャー 「株探」多機能チャートより
 17日の東京株式市場は、引き続き新型肺炎の影響を警戒する動きが継続、主力株をはじめ広範囲に買い手控えられた。朝方取引開始前に発表した10~12月期の実質GDP速報値は5四半期ぶりにマイナス成長に転じ、年率換算で6.3%減と市場コンセンサスを大きく下回ったことも見送りムードを助長した。値上がりは新型肺炎の対策関連銘柄に偏っており、全体的にも値下がり銘柄数の多さが目立つ。なお、売買代金は12営業日連続で2兆円台を上回っている。日経平均株価は前営業日比164円安の2万3523円と3日続落。東証1部の値上がり銘柄数は294、値下がり銘柄数は1819、変わらずは47。

 本特集では、テクニカル指標で“買われ過ぎ”“売られ過ぎ”の目安として使われるボリンジャーバンドと経営の効率性を判断する指標として重視するROE(自己資本利益率)に注目しました。ボリンジャーバンド「-3σ」を 17日終値が下回り、ROEの基準とされる8%以上の 15社をピックアップ。-3σとのカイリ率が大きい順に記しました。

 -3σをブレイクアウトした銘柄は、買い戻しやリバウンド狙いの買いが入りやすいとされており、短期的な買い候補として注目してはいかがでしょう。

          -3σとの
    銘柄名    カイリ率 ROE
<4420> イーソル    -3.88  11.52
<3649> ファインデ   -3.21  13.30
<3963> シンクロ    -1.88  16.49
<3920> アイビーシー  -1.65  13.87
<9435> 光通信     -1.02  13.95

<3088> マツキヨHD  -0.76  11.66
<2418> ツカダGHD  -0.59  10.16
<7030> スプリックス  -0.47  13.38
<4578> 大塚HD    -0.37  8.21
<2201> 森永      -0.31  13.34

<3940> ノムラシス   -0.26  11.20
<3277> サンセイラン  -0.23  10.59
<1951> 協エクシオ   -0.16  8.27
<9003> 相鉄HD    -0.07  10.47
<1979> 大気社     -0.05  8.70


※当情報は参考資料・データとして提供しております。売買に関する最終決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。

株探ニュース

日経平均