市場ニュース

戻る

【材料】ソニーが大商い、時価総額10兆円台キープでソフトバンクグループに急接近

ソニー <日足> 「株探」多機能チャートより
 ソニー<6758>が反発。ここ活況商いが続いており、前日は株価こそ軟調だったものの東証1部で売買代金首位となった。きょうも10時21分現在で売買代金は250億円達し、トップに位置している。同社が手掛けるイメージセンサーへの評価が高く、海外機関投資家とみられる買いが続いている状況。時価総額は10兆1000億円台とITバブル時以来となる10兆円台をキープしており、時価総額10兆3000億円台のソフトバンクグループ<9984>にも急接近している。

出所:MINKABU PRESS

日経平均