市場ニュース

戻る

【特集】個人投資家・有限亭玉介:現在進行形で強含む可能性を見る銘柄群【FISCOソーシャルレポーター】

チェンジ <日足> 「株探」多機能チャートより

以下は、フィスコソーシャルレポーターの個人投資家「有限亭玉介」氏(ブログ:儲かる株情報「猫旦那のお株は天井知らず」)が執筆したコメントです。フィスコでは、情報を積極的に発信する個人の方と連携し、より多様な情報を投資家の皆様に向けて発信することに努めております。

-----------

※2019年11月27日14時に執筆


株&猫ブログ「儲かる株情報『猫旦那のお株は天井知らず」を執筆しております、有限亭玉介と申します。

この度は『現在進行形で強含む可能性を見る銘柄群』というテーマで寄稿させて頂きますよ。

さて、あたくしのブログでは日々「気になる銘柄」をピックアップし、その後の値動きに対する私観を交えた実況中継などを掲載しております。当記事ではここ最近注目した個別株についてザックリではありますが、ご紹介させて頂きます。

まず紹介致しますのはチェンジ<3962>です。19.9期はふるさと納税の制度変更が影響し「ふるさとチョイス」取り扱い高が想定を下回るなどといったこともありましたが、20.9期業績予想では営業利益が前期比20.2%増の13.00億円と利益拡大を見込んでいます。

一目均衡表(日足)では、雲を上抜けた後の11月22日に東京大学エクステンションと共催セミナー「人×技術 デジタルトランスフォーメーションがもたらす生産性革命」の開催を発表し、これを期待・好感してか株価は急騰しています。底値圏からトレンドが変わるか監視中です。

2つ目の銘柄はSaaS事業のウェブサービス「Unipos」などを運営するFringe81<6550>です。電子書籍が盛況の昨今、同社が小学館や集英社と共同でリリースした共同プラットフォーム「MangaAdPlatform」が注目されております。「MangaAdPlatform」はマンガアプリを一元管理で広告出稿・運用でき、小学館の「マンガワン」、集英社の「少年ジャンプ+」を皮切りに徐々に拡大していく方針との事です。

5月より上昇トレンドを維持しているチャート(日足)は、11月20日ごろから1,000円の大台を突破してきていることから、さらに上値を追う展開となるか注目ですな。

3つ目の銘柄は5G関連銘柄として有力視されている精工技研<6834>です。同社は、28GHz帯の計測を可能とした5G基地局のアンテナ電波を測定する光電界センサーを世界で初めて開発に成功したと7月に発表しています。発表後に株価は上昇しましたが、その後8月29日の安値2,424円をつけるまで調整・・・、その後は上昇トレンドを継続しています。

11月8日発表された20.3期上期決算では、営業利益が前年同期比18.6%増の9.44億円となりましたが、成長鈍化が嫌気されたのか株価は下落しています。週足レベルでは26週線を下値サポートに上昇トレンドは継続しておりますので、5G本格始動までの中長期で監視を続けたいと見ております。

4つ目の銘柄はスクウェア・エニックスHD<9684>です。コロプラ<3668>と共同開発したスマホゲーム「ドラゴンクエストウォーク」が好調です。11月15日には9月の配信開始からおよそ2ヶ月間で1000万ダウンロードを達成したと発表すると、株価は反発。その後、上昇トレンドを継続しております。

11月21日には岡三証券が同社の格付けを「強気」で据え置き、目標株価を5,500円から5,700円へ引き上げました。マンガアプリでも「マンガUP!」等の利益拡大が続いており、2018年6月の上場来高値5,890円を上抜く事が出来るか注目中です。

5つ目の銘柄はマーケットエンタープライズ<3135>です。個人や法人へ向けたWebマーケティングを駆使したリユース事業を展開しながら、子会社MEモバイルの低価格でシンプルなプランを提供するモバイル事業も注目されております。

チャートは、週足レベルでは今年に入ってから上昇トレンドを長期で継続しており、今年の1月から現在までに、株価はおよそ5倍以上にまで成長しております。11月13日に発表された20.6期1Q決算では営業利益が前年同期比7.84倍の1.71億円と大幅に上昇しており、今後も成長が期待できます。農機具や医療器具のリユースが今後、売上伸長するか注目しながら、M&Aによる事業拡大もあるか監視中です。

最後の銘柄はバルテス<4442>です。ソフトウェアの品質向上やセキュリティ対策のニーズの高まりから、同社のソフトウェアテストサービス事業が好調です。11月19日には東証本則市場への市場変更を目的に、流動性向上などを目的とした立会外分売の実施を発表し、株価は上昇しました。

IoTAIフィンテック等のテーマが株式市場を席巻する中で、既存顧客からの強い引き合いもあり、同社の需要は今後も拡大が続くと思われます。これまでチャートは保ち合いが続いておりましたが、今週11月27日に動意してから上放れた可能性があるとして、監視を強めております。


と…ここでご紹介できるのはスペースの関係もあり、以上ではありますが…他にも「注目すべき」とする銘柄は沢山ございます。お時間がありましたらブログを検索して頂ければ幸甚です。愛猫「なつ」と共にお待ち申し上げております。

----

執筆者名:有限亭玉介
ブログ名:猫旦那のお株は天井知らず

《SF》

 提供:フィスコ

日経平均