市場ニュース

戻る

【特集】「衝突回避システム」が7位に急浮上、自動ブレーキ搭載義務付けで脚光浴びる<注目テーマ>

タツミ <日足> 「株探」多機能チャートより
★人気テーマ・ベスト10
1 5G 
2 量子コンピューター 
3 セルロースナノファイバー 
4 人工知能
5 半導体
6 全固体電池 
7 衝突回避システム 
8 国土強靱化 
9 半導体製造装置 
10 クラウドゲーム

 みんなの株式と株探が集計する「人気テーマランキング」で、「衝突回避システム」が7位となっている。 

 29日の東京株式市場は、米国市場が前日の感謝祭のため休場となり、手掛かり難のなか個別材料株が物色されている。特に衝突回避システムの関連株が幅広く買われている。 

 27日に、政府が国内で販売される新車を対象に、2021年度にも自動ブレーキ機能の搭載を義務付ける方針を固めたことが報じられ、先進緊急ブレーキシステムや車間距離測定部品などへの需要増の期待が高まっている。なかでも、電動ブレーキ部品などを手掛けるタツミ<7268>や電磁波を飛ばして車間距離などを測るミリ波レーダーカバーを手掛けるファルテック<7215>、車載用水晶振動子を扱う大真空<6962>や日本電波工業<6779>などが軒並み大幅高に買われている。

 10月のホンダ系サプライヤーの大型再編をきっかけとした自動車部品株物色の流れにも乗っている。自動運転や電動化など「CASE」に代表される新技術への注目度も高まるなか、中小型株であるタツミ、ファルテック、大真空の連結PBRはともに1倍を下回り、割安な水準に放置されていただけに、足もと見直し買いの動きが活発だ。

出所:MINKABU PRESS

最終更新日:2019年11月29日 12時56分

日経平均