市場ニュース

戻る

【注目】話題株ピックアップ【夕刊】(2):旭化成、マネフォ、しまむら

旭化成 <日足> 「株探」多機能チャートより
■マネーフォワード <3994>  3,470円  +65 円 (+1.9%)  本日終値
 マネーフォワード<3994>が3日続伸。同社はきょう、東京海上ホールディングス<8766>傘下の東京海上日動火災保険、及び東京海上日動あんしん生命保険とこのほど、お金の見える化サービス「マネーフォワード ME」のAPI連携を開始したことを明らかにした。これにより、両保険加入者は専用ページに登録していれば、自分が加入している保険内容を「マネーフォワード ME」上で確認することができ、保険と家計の一元管理が可能になる。

■旭化成 <3407>  1,125円  +19.5 円 (+1.8%)  本日終値
 スウェーデン王立アカデミーが9日、2019年のノーベル化学賞を旭化成<3407>の吉野彰名誉フェローらに授与すると発表、これを受けて同社株をはじめ、リチウムイオン電池関連に位置付けられる銘柄群に物色の矛先が向かった。2次電池製造大手のジーエス・ユアサ コーポレーション<6674>や古河電池<6937>が買われ、正極材メーカーである田中化学研究所<4080>、戸田工業<4100>、新日本電工<5563>、日本化学産業<4094>なども買いを集めた。負極材では昭和電工<4004>や日本カーボン<5302>、電解液を手掛けるステラケミファ<4109>や関東電化工業<4047>なども上昇している。

■東京個別指導学院 <4745>  886円  +7 円 (+0.8%)  本日終値
 東京個別指導学院<4745>が3日ぶりに反発。同社は個別指導塾を首都圏中心に展開するが、足もと積極的に都市部の新規校の開校を進める一方、広告宣伝費などの出費を抑制し足もとの業績が好調に推移している。9日取引終了後、20年2月期第2四半期(3~8月)単独決算を発表。売上高は前年同期比3.7%増の98億2000万円、営業利益は同1.4%増の5億8600万円、最終利益は同15.7%減の3億5500万円だった。ただ、6~8月期に限れば営業利益が12億6500万円と3~5月期の営業減益に比べるとモメンタムは大幅に改善しており、これを評価する形で買いが流入している。

■マクセルHD <6810>  1,566円  +11 円 (+0.7%)  本日終値
 マクセルホールディングス<6810>がしっかり。この日、精密電鋳加工技術EF2による有機ELディスプレーパネル蒸着用高精細ハイブリッドマスクの量産を開始したと発表しており、これが好感された。同社では17年からジャパンディスプレイ<6740>と有機ELパネル用ハイブリッドマスクを共同開発してきたが、量産技術を確立したことで、JDIへの供給を開始するとしている。

■しまむら <8227>  9,240円  +50 円 (+0.5%)  本日終値
 しまむら<8227>が反発。三菱UFJモルガン・スタンレー証券は9日、同社株の目標株価を8000円から8500円に引き上げた。レーティングの「ニュートラル」は継続した。同社は、ここにきて営業施策を大きく見直し、価格訴求を抑制する一方、アイテム数の拡充、売り場やチラシ媒体の見直し、短サイクルでの商品投入などを進めている。これにより収益性低下に歯止めがかかりつつあることが評価されている。ただ、同社の業績が安定成長軌道に戻るには商品・売り場作りの見直しなどで販売基調が持ち直すことが必要だとみている。

■コジマ <7513>  436円  -41 円 (-8.6%)  本日終値  東証1部 下落率7位
 9日に決算を発表。「今期経常は27%減益へ」が嫌気された。
 コジマ <7513> が10月9日大引け後(15:00)に決算を発表。19年8月期の経常利益(非連結)は前の期比60.1%増の71.6億円に拡大したが、20年8月期は前期比27.4%減の52億円に減る見通しとなった。
  ⇒⇒コジマの詳しい業績推移表を見る

■リソー教育 <4714>  415円  -23 円 (-5.3%)  本日終値
 リソー教育<4714>が続落。9日の取引終了後に発表した第2四半期累計(3~8月)連結決算は、売上高129億8700万円(前年同期比10.0%増)、営業利益11億6600万円(同19.8%増)、純利益7億2700万円(同25.3%増)と2ケタ増益となったが、既に好決算が報じられていただけに材料出尽くし感が強まったようだ。主力のTOMAS(完全1対1の進学個別指導塾)や名門会(100%プロ社会人家庭教師)、伸芽会(名門小学校受験・幼稚園受験指導)の在籍生徒数が前期から約10%増加したことが牽引。また、スクールTOMAS(学校内個別指導塾)の契約校数、長時間英才託児事業および学童事業の伸芽’Sクラブの在籍生徒数が堅調に推移していることも寄与した。なお、20年2月期通期業績予想は、売上高270億円(前期比10.2%増)、営業利益30億1000万円(同19.0%増)、純利益18億円(同14.2%増)の従来見通しを据え置いている。

■ぐるなび <2440>  700円  -21 円 (-2.9%)  本日終値
 ぐるなび<2440>が大幅続落。複数のメディアで、公正取引委員会が飲食店情報サイトの実態調査を始めたと報じれられたことを受けて、同社の「ぐるなび」やカカクコム<2371>の「食べログ」も対象となっているのではないかとの警戒感から売られたようだ。報道によると、掲載店がサイト運営会社に年会費を支払えば、評価ポイントが自動的に上がるといった状況が懸念されているという。

■S Foods <2292>  3,010円  -10 円 (-0.3%)  本日終値
 S Foods<2292>が反落。9日の取引終了後、集計中の第2四半期累計(3~8月)連結業績について、売上高が1750億円から1740億円(前年同期比4.0%増)へ、営業利益が57億円から46億9000万円(同22.3%減)へ、純利益が38億円から24億3000万円(同39.8%減)へ下振れて着地したようだと発表しており、これが嫌気された。海外事業を中心に粗利益率が低迷したことに加えて、海外事業で減損損失を計上したことが要因としている。

株探ニュース

日経平均