市場ニュース

戻る

【市況】反発、上値の軽さを確認できるか/日経225・本日の想定レンジ

日経平均 <日足> 「株探」多機能チャートより

[本日の想定レンジ]18日は米NYダウが36.28ドル高の27147.08、ナスダック総合指数が8.62pt安の8177.39、シカゴ日経225先物が大阪日中比110円高の21910円。本日の日経平均は反発が予想される。ただ、昨日終値は11営業日ぶりに反落したものの、25日移動平均線との上方乖離率は4.93%と依然として大きく過熱感の強さは残っているため、上値は重くなろう。日足の一目均衡表では、大勢では三役好転後の買い手優位の形状をキープしているが、昨日は基準線が横ばいとなってもみ合い局面入りを示唆している。ボリンジャーバンドでは昨日、5日以来の+2σ割れで取引を終えており、こちらも騰勢の弱まりを窺わせている。

[予想レンジ]上限22150円-下限21900円
《FA》

 提供:フィスコ

日経平均