市場ニュース

戻る

【材料】メディア工房が反発、リアルタイム実写立体動画撮影システムを活用した3Dコンテンツを配信

メディア工房 <日足> 「株探」多機能チャートより
 メディア工房<3815>が反発している。正午ごろ、独自開発したリアルタイム実写立体動画撮影システム「SUPERTRACK」を活用したオンデマンドコンテンツの第1弾「ホログラ」の配信を開始したと発表しており、これが好感されている。

 「SUPERTRACK」は、グリーンバックのような特別な環境や設備を必要とすることなく撮影環境を簡易的に構築し、独自の3D構成プログラムにより、市販のPCでも動作する実寸大表示可能な高解像度の実写立体動画が作れる技術。これを用いた「ホログラ」は、従来の平面動画や360度VR動画は撮影(カメラ)位置で視点が固定されているが、「ホログラ」では被写体を全方向から撮影し立体の映像を作り出すため、視聴者は完全に自由な視点にて映像を鑑賞することができるのが特徴。今回配信されるコンテンツでは、プロコスプレイヤーとして国内外にて著名な「五木あきら」さん、「麗華」さんなど8人のコスプレイヤーやモデルたちが水着、ジムウェア、コスプレなどの衣装をまとい、ユーザーの目の前にいるかのようにさまざまなポーズをとってくれるという。

出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

日経平均