市場ニュース

戻る

【材料】PKSHAが急落、公募増資による1株当たり利益希薄化を警戒

パークシャ <日足> 「株探」多機能チャートより
 PKSHA Technology<3993>が急落。株価は、朝方からウリ気配を切り下げ、前週末に比べ7%安で寄りついた後は下値に買いが入り下げ渋っている。同社は12日取引終了後、公募増資を発表しており1株当たり利益の希薄化を懸念した売りが膨らんでいる。354万株の公募と上限53万1000株のオーバーアロットメントによる売り出しを実施する。公募に伴う調達資金は約198億9700万円で、アルゴリムズムのラインアップ拡張などにかかる研究開発およびソフトウエア開発投資、M&Aにかかる短期借入金の返済などに充てる。公募株数は現在の発行済み株式数の約13%に相当する。発行価格は7月23日から25日のいずれかの日に決定する。

出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

日経平均