市場ニュース

戻る

【材料】さいか屋は大幅高、基幹店好調で第1四半期は経常黒字に浮上

さいか屋 <日足> 「株探」多機能チャートより
 さいか屋<8254>が大幅高となっている。同社は11日取引終了後に、20年2月期第1四半期(3~5月)の連結決算を発表。売上高は47億1600万円(前年同期比1.5%減)となったものの、経常損益が2100万円の黒字(前年同期は2200万円の赤字)に浮上したことが好感されているようだ。

 同社は神奈川地盤の百貨店の老舗。食品部門をはじめとした強化策を背景に、基幹店の藤沢店と川崎店の売上高が前年実績を上回ったほか、横須賀店は3月から3カ月連続でマイナス幅が改善した。なお、上半期及び通期の業績予想は従来計画を据え置いている。

出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

最終更新日:2019年07月12日 09時53分

日経平均