市場ニュース

戻る

【材料】◎14日前場の主要ヘッドライン

・ソニーが続伸、米サード・ポイントは半導体部門のスピンオフなど要求と報道
・ファーストリテが上値指向、外資系の目標株価1万円引き上げに思惑錯綜
・Jテックコーポが続急騰、独自の表面ナノ加工技術を活用した新事業を開始
・リックソフトが上場来高値更新、アジャイル開発で需要取り込み進む
・ハウスドゥは8連騰、ハウス・リースバックの利用拡大に向けて直営店を出店
・サムライJPが一時23%高、決算発表受け低位株特有の値幅取り狙いの買いが集中
・チエル一時18%高、昭栄広報及びエーアンドシー子会社化で20年3月期売上高予想を上方修正
・フィックスターズ9連騰、SaaSビジネスや量子コンピューター分野への布石入念
・石川製が一時10%超の上昇、ホルムズ海峡のタンカー攻撃で地政学リスク高まる
・Bガレジは一時13%高、今期2ケタ営業増益見通しと自社株買い発表を好感
・ジオマテック一時S高、高い反射防止性能持つモスアイ型フィルム拡販と報じられる
・東エレク、アドバンテなど軟調、米ブロードコムの通期見通し下方修正の影響及ぶ
・メディアSは急反発、出資先のLink-Uが7月18日付でマザーズ市場に上場へ
・3DMに大量の買い注文、富士フイルムと「PuraStat」独占販売権契約締結
・ミサワが買い人気集める、2~4月期営業56%増益を好感
・国際帝石、JXTGなど買い先行、タンカー攻撃による原油市況急反発が株価刺激

※ヘッドラインは記事配信時点のものです

出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

最終更新日:2019年06月14日 11時40分

日経平均