市場ニュース

戻る

【通貨】楽天とJR東日本、キャッシュレス化推進に向けて連携【フィスコ・ビットコインニュース】


楽天グループの楽天ペイメント株式会社とJR東日本は、キャッシュレス化の推進に向けて連携することを発表した。開始時期は、2020年春を予定している。

これにより、楽天ペイメントが運営するスマホアプリ「楽天ペイ」アプリ内で、JR東日本が提供する交通系ICカード「Suica」の発行やチャージができるようになるとともに、全国の鉄道約5,000駅、バス約5万台のほか、交通系電子マネーとして約60万店舗での支払いに利用できるようになる。

対象端末は、「おサイフケータイ(R)」に対応したAndroid(TM)端末ということで、iPhoneのiOSには現時点では対応しておらず、今後検討していくとしている。

目的としては、「楽天ペイ」アプリ内で「Suica」の発行・チャージが可能となることで、「Suica」の利便性向上を挙げた。

また、「楽天ペイ(アプリ決済)」の利用者は、アプリ内での「Suica」のチャージで、「楽天スーパーポイント」が貯められるようになるほか、新たにアプリをダウンロードしたり、クレジットカード情報登録したりすることなく、快適・安全に「Suica」機能を利用できるメリットがある。

楽天ペイメントとJR東日本は、キャッシュレスの推進に向けて、これからも様々な分野での協業を検討して行くとしている。

楽天ペイメント株式会社について
楽天ペイメント株式会社は、楽天グループにおいて決済・マーケティング分野を中心としたサービスを展開する企業として2019年4月に新設。現在、「楽天ペイ(実店舗決済)」、「楽天ペイ(アプリ決済)」、「楽天ポイントカード」、「楽天Edy」、「楽天チェック」といったサービスを運営する。

(記事提供:コインポスト)
CoinPost(コインポスト)は、日本最大級の仮想通貨・ブロックチェーン総合情報メディアサイトです。国内外の情報を迅速に捉え、考察も含めたオリジナル記事を配信しています。

《SI》

 提供:フィスコ

日経平均